忍者ブログ
ぱとえい
huluで「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」を観ましたん。(・∀・)



実写版パトレイバーシリーズのラストを飾る映画ですね。

自衛隊で開発中のステルス攻撃ヘリが強奪され、レインボーブリッジが攻撃されて混乱に陥る首都・東京。

テロの背後には過去に”幻のクーデター”を演出した柘植行人のシンパがいるとされ、公安から協力を依頼された特車二課が動きだすというストーリー。

・・・なのですが。

なんというか、これまでの実写版で感じていた焼き直し感がこの映画でも感じられ、一応、アニメのパトレイバー劇場版2作目から続くストーリー内容なのですが、劇場版2とオーバーラップする場面が非常に多く、劇場版2を実写で撮り直したらこんな感じですよ、という風にも見えました。



それと光学迷彩が施された攻撃ヘリが首都を襲い、それをパトレイバーが迎撃する、というのは過去に発表されたパイロットフィルムの設定のままで、映画で新たに考え出されたオリジナル部分が薄く感じられたかな。

あと、アニメ劇場版2では事件による混乱の裏で、犯人の柘植と特車二課隊長、南雲・後藤の複雑な関係と心情が描かれていたからこそ面白かったワケですが、この映画の登場人物達は治安を守る立場だから動いてるようにしか感じられず、犯人側も謎のヘリパイロットぐらいしか存在感がないので、劇場版2に比べると薄味でつまんなかったかもかも。



単純に派手なドンパチがある映像作品として観るならば、それなりに楽しいのですけれど。(・∀・)

で、シリーズ全てを観終えたのですが、実写版パトレイバーはアニメのパトレイバーの続編という位置づけではありましたけれど、人物設定その他がアニメと似すぎているし、ストーリーも焼き直しに感じられる物が多く、続編としては正直微妙に思っていました。

だけど改めて考えると、以前に少し語られていたように、この実写版という奴は監督の押井さんが過去にアニメ版の企画・制作時に感じていた「本当はこうしたかった」という積もり積もった不満を発散させるために改めて構築し直した、監督の理想に近い(初代)パトレイバーという物だったのかもしれません。



リメイクではなく、続編としたのは「レイバーなんて使えないもの」と言ってる監督にとって、レイバーの衰退した(出てこない)世界や特車二課がお荷物部隊という要素が強調できるなどなど、色々やりたい様にできるしファンの興味を引けたからそうした・・・のかな?大人の事情?

だとすると色々納得できるし、焼き直しでもしょーがないんじゃないかと。(と自分に言い聞かせる)

プラス、別にパトレイバーじゃなくてもよかった、監督らしさ全開のやってみたかった話を混ぜた感じを受けたので、監督的には大満足だったんじゃないですかね、このシリーズ。

色々考えても感想は「微妙」からビクともしないんですけどね。えぇ。

まぁとにかく、そんな感じの勝手な解釈で観終えた実写版でごじゃりました。(・∀・)


パトレイバーに限った話ではないのですが、人気のあるクリエイター作品のレビューを見ると、クリエイターのファン(信者?)の感想と、クリエイター評価は関係ない作品自体の感想が入り交じってなんともややこしい時があるなぁと思うsiestaデシタ。(・∀・)
PR

2016/07/19 | Comments(0) | 映画
まーにー
金曜ロードSHOW!でスタジオジブリ作品の「思い出のマーニー」を視聴。



とある事情から心を閉ざした少女・杏奈。

夏休みの間、喘息の治療も兼ねて海辺の村を訪れた杏奈は、入江の洋館で不思議な金髪の少女・マーニーと出会い、交流してゆくーというストーリー。


観る前は思春期の女の子達が年頃らしい悩みを抱えつつキャッキャウフフするアニメかと思ってたら、かなり重い悩みを抱えてのキャッキャウフフで、ラストの展開が良かった。(・∀・)

だけど、ジブリ作品としての期待を持って観るとちょっと物足りないというか、視聴後の感覚が爽やかすぎるような気がしないでもなく。

ジブリっぽさっていうか、宮崎・高畑監督作品の様なレトロな人間臭さとか泥臭さみたいな物が足りないというか。

んー、でもこの作品の雰囲気だとサラッとした感じの方がいいのかなー。

監督が違えば作風も違いますしねー。

世代交代の時期でしょうし、ジブリは今後、こんな感じの作風になるのかな?と思ったりする作品でした。(・∀・)

2015/10/10 | Comments(0) | 映画
ぱとぱと
今現在、映画が公開されてる「THE NEXT GENERATION パトレイバー」なのですが。



映画以外の実写化作品を全部観たので感想をば。


ちなみにパトレイバーってのは、90年代頃に発表された漫画・アニメが大人気になった、ロボット(レイバー)が活躍する近未来ポリスアクション作品っす。(・∀・)

バビロンプロジェクトという東京に巨大堤防を作る計画により、土木工事用として一気に普及が進んだ多足歩行型作業機械、レイバー。

レイバーを使った犯罪に対処するために警視庁が作った組織が特車2課であり、その中でも隊員が問題児揃いの第2小隊の活躍を描いた作品なのです。


んで、アニメの十数年後という設定で撮影された実写化作品が去年から、ずずずぃ~っと公開されてるワケでして。

今公開されてる映画の前に、1エピソード50分程度の映像作品が12エピソードもあるワケなんす。

siestaはパトレイバーは好きなものの、観れるサイトが限定されてることと、漫画・アニメの実写化というのはファンにとっては博打なので二の足を踏んでたワケで。(*´д`*)

でもまぁ一連の実写化作品の最後である映画も公開されたし、そろそろお金払って観ようかなぁと思ってたら契約してるHuluで12エピソードが配信されてるじゃな~い。(・∀・)

やったじゃな~い。hulu、やるじゃな~い。(・∀・)

てな感じで一気に観まんた。視聴機器は買ったばっかのWii Uたん!フル活用!イヤッフゥ!\(・∀・)/


そんで感想。

ん~、概ね満足・・・かな?

前後編もあるものの、1エピソード独立型でバラエティに富んだ話が楽しめます。

漫画やアニメ映画みたいなリアル寄りの描き方じゃなくって、OVAやテレビアニメ版のドタバタコメディのノリで実写化した作品なんですね。

いくつか焼き直しのストーリーがあるし、ギャグ漫画でありがちなオーバーな演出や爆発オチがあったりしますし。

リアル寄りの話が好きで期待してたので、ちょっと面食らいました。(*´д`*)

しかしまぁ、ロボット物アニメの実写化という意味では良い感じの出来栄えかもしんないっす。

パトレイバーとしてもトータルでは楽しめました。

リアル寄りのお話もあったしね。コメディ演出が古臭い感じがちょっとしますけれど。


で、まぁどの話も面白いってワケじゃなく、単純につまんない話やパトレイバーである意味のない話もあるもので。

女性隊員の「泉野 明」のプライベートを描く2つのエピソードはいらんなぁという感じ。

ゲーセンで謎の男(竹中直人)と対決する話は、パトレイバーというより普通の押井守作品という感じだし、ベタな刑事物みたいな同窓会話は必要ないしつまんない。

前後編の怪獣話もイマイチでしたね。(*´д`*)

最初の方に微妙な話が多いので、1話1話、お金を払って観てたら3エピソード目ぐらいで観るのやめてたかも・・・あってよかったhulu!

色んな作品のパロディやオマージュ的な要素を散りばめてあるのは、面白い時もあればつまんない時もある感じっすね。


98式AV(パトレイバー)のCGは違和感が少なくて満足です。



軍用レイバーの動きもGoodでした。(・∀・)b

だけど共通した設定であるはずの、部品がなくて最早、普通に立っている事すら困難な状態になっているパトレイバーが滑らかに動き回るシーンがちょいちょいあるのはちょっと違和感ありましたが。

整備員の頑張りの結果だと解釈しておきますが。


ほーで、最後のエピソードは映画へ続くプロローグなんすね~。

それまでの話でハチャメチャやってたのに、急に最高にシリアスだった2番目のアニメ映画作品と絡めてきて、超シリアスになってきたのはびっくりでしたが。

映画もこの感じなんでしょうかね。だとしたらちょっとは期待できそう。(・∀・)

まーでもこれまでのエピソードを観た感じ、映画館まで観に行きたくなるほどの期待感は生まれませんが。

映画は配信サイトにきてから機会があったら観ようかな、いや時間が経ってhuluで配信されたりしてからでもいいかな、というのが正直なところ。

ほんな感じで。ほいだば。

2015/05/09 | Comments(0) | 映画
こくはく
うんとこすんとこ。(・∀・)ノ


邦画の「告白」を観ました。

ちょっとネタバレ含みつつ、感想をちょろっと。 

ネタバレして欲しくない人はスルッと今回の話はスルーしてくださいな。(・∀・)

2011/02/21 | Comments(0) | TrackBack(0) | 映画
はりーぽったー
ちょこりっす。(・∀・)ノ

映画館で「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part.1」を観てきました。

毎回、ハリーポッターだけは映画館で観ているsiestaです。(・∀・)

で、なんかハリポタ映画はここ数作、作りが安定してるというか、メリハリがキチッとしててストーリーも小説をなぞってるので安心して観れる感じですね。 感じる風格。こいつが大作って奴か。

死の秘宝は、小説ではハリー達3人が放浪の旅をする辺りが退屈すぎて、読むのが停滞したので映画でどうなるかちょっと心配だったんですけど、上手く作られてて退屈さはまったくなかったです。良かった。(・∀・)

ヴォルデモートの勢力が世界を覆いつつあるのもちゃんと表現されてたし。

「おっ、これからどうなるかな?」って感じでの終わり方もGood。


次回でいよいよハリー・ポッターの映画もシリーズ最終作となってしまうのが残念なような、長かったのでホッとするような・・・微妙な感じですね。

Part.2は来年の夏っぽい。 楽しみなような惜しいような。(´∀`)

2010/12/08 | Comments(0) | TrackBack(0) | 映画

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]