忍者ブログ
さんだー とか じょにー とか じゃぶろー
ガガガガンダ漫画の最新刊をげっちゅして読みまみた。(・∀・)

※ネタバレあり感想

機動戦士ガンダム サンダーボルト 10巻



ジオン軍の開発したリユース・P・デバイスを巡って、ジオン軍残党・連邦・軍閥が争う一年戦争後の地球。

ジオン側主人公のダリルと、捕虜となった軍閥の幹部クローディアは、真のニュータイプを介してわかりあい、



再び殺し合う様に仕組まれた事を知った連邦側主人公のイオは闘志を漲らせる-といったストーリー。



二人にとって、戦闘をする理由が変化する幕間、インターバルって感じの巻でした。

なんかsiestaの中ではサンダーボルトって、徐々にガンダム要素(世界観とか)が薄くなって、戦闘で使うのがガンダム世界の兵器ってだけで、これはこの作者の漫画!って感じになりつつあるなぁという感じが。いやいや良い意味でですよ?(・∀・)

逆にガンダム成分が薄くなればなるほど面白くなるなぁという感じで。

フロントミッション漫画の時は原作者でしたけど、フロントミッションの設定、ほぼ関係ねーなぁという感じでしたしね。いやいや良い意味でですよ?もちろんもちろん。(・∀・)

イオはどんどんワルそーになっていくし、今後、ダリルと軍閥の宗教がどうなっていくのかも楽しみっすね。


ほいでお次は

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 15巻



第二次ネオ・ジオン抗争直前の時代。

「ザビ家の復讐装置」が搭載された、旧ジオン軍の兵器プラント船への道標となる青いザンジバルを巡り、コンペイトウ宙域で連邦軍の勢力が激突する中、シャア率いるネオ・ジオンが介入した事で事態は混迷を極める-といったストーリー。



チョイ役程度の出演かと思ったら、シャアの本格参戦キター!\(・∀・)/



シャアの他には旧ジオンのトップエース部隊・キマイラのパイロット達や、ヤザン、作者オリジナルのキャラなど、名だたるエースがMSで戦闘を繰り広げる見逃せない展開。(・∀・)

できればみんな最新鋭の専用機に乗って戦ってほしいところですが、新旧入り交じったMSで戦うのはリアルっちゃリアル。



エース相手じゃあ、連邦の普通のパイロット達は弄ばれるようにやられてしまう描写もグッド。



シャアが強すぎてザンジバルを持っていかれそうですが、追いついたジョニ子のヘビーガンダムとどんな死闘を繰り広げるのか?主人公・レッドのゲルググは間に合うのか?と気になる感じで次巻へ続くので、楽しみっす。(・∀・)


んでもいっちょ、ガンダムはガンダムでもガンプラ漫画。

ガンプラ戦記 ジャブローズ・スカイ 5巻



ガンプラ趣味をひた隠しにするスター・桜庭陸人。

正体を隠し、心の師匠と崇める女子中学生モデラー・神作さんとの交流も上手くいっていた様に思えたが、徐々に綻びが生じ、ついに正体がバレてしまう。



同時にそんな二人の交流を嗅ぎつけた週刊誌が調査を開始するが・・・といったストーリーの最終巻。

初心者~中級者向けのガンプラ製作をサポートする漫画としても良い感じだし、芸能人が正体を隠して行動するドキドキ感はベタでも漫画として面白かったですね。(・∀・)

ただ最後、週刊誌記者のせいで大騒ぎになる流れが無理やりな感じがあって、ちょっと拍子抜けだったかなという気もしたりして。

全体的に画力が少々アレなのと、MSの戦闘、特にビーム兵器の表現がどうにもだったのは・・・いや、目をつむろう。

前作の「プラモ男子~」に比べると面白かったと思います。電子書籍版がないのが残念でした。

またガンプラ漫画を出して欲しいところ。(・∀・)

しょんな感じで。
PR

2017/10/19 | Comments(0) | 本・漫画
おりじん
そういえば結構前に「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の最新作が配信されてたので観やんした。(・∀・)

※ネタバレあり感想



宇宙世紀0079年。ついにジオン公国は地球連邦政府に対し宣戦を布告。ジオンに対立する各コロニーに攻撃を行い、さらに連邦本部・ジャブローに向けたコロニー落としを実行したことで、地球に甚大な被害を与えてしまう。



激動する時代の中で、復讐の為に正体を隠してジオン軍で功績を上げ、エースパイロットとして活躍するキャスバル。



復讐とは無縁の生活を送ってきたが、戦争の影響によって起こった争いに巻き込まれてしまうアルテイシア。



数多の運命を翻弄し、総人口の半数を死に至らしめることになる一年戦争は、初めてMSの優位性を知らしめたジオンと連邦の総力戦、「ルウム会戦」に突入する―といった感じのストーリー。


ほいで観たところ、原作を丁寧になぞって映像化している感じ。(・∀・)





最初にこれまでの話をダイジェストで流すので、上映時間は今迄のシリーズより、ちょっと長めですね。


で、アルテイシアの銃撃戦も良かったのですが、やはりメカ好きとしてはルウム会戦における艦隊戦がイカすと思いマッスル。





CGで描かれた多数の巨大なマゼランやらムサイやらがビームを撃ち合い、被弾・轟沈していく様が大迫力。(´∀`)

これだけで観る価値ありまっせぇ。ぐへぐへ

銀河英雄伝説の様な手描きによる砲撃戦もなかなかの物でしたが、やはりCGはCGで立体感というか存在感があって、ダイナミックさが出るのでいいっすね。



MSも複雑な動きができるしねー。(´∀`)


で、ちょいと気になったシーンとしては、最後に戦場に向かうシャア専用ザクは、リミッターを解除しているとはいえ、スピード出すぎやろ!と思いました。





本物の彗星になりそうな、トールギス並に死を覚悟しなきゃいけない加速性能。(=´∇`=)

あばら骨の心配をするか、強化人間が必要になってくる感じですね。


で、全体の感想としては、原作漫画を忠実に映像化してるだけに、ストーリーに新鮮さや新しい面白みを感じたりはしないのですが、やはり戦闘シーンは力が入ってて迫力があるので、観る価値あるなぁという感じですねん。(・∀・)

ハモンさんが弾き語りのフルで歌うシーンがあったのは、ちょっとびっくりしましたけれど。

 

てな感じで、ルウム編ラスト?の次回も期待でっす。

2017/10/12 | Comments(0) | アニメ
ぎんさじ とか うまる
ぱんぽろぽにょーんと買った漫画の感想でも。(・∀・)

※ネタバレあり

銀の匙 14巻



受験戦争から脱落し、サラリーマン家庭から農業高校へ入学した八軒勇吾のスクールライフを描いた漫画も14巻目。

三年生の後半を描くこの巻ではヒロインの推薦入試合格発表 & 告白という一大イベントが。



そして先輩と会社を立ち上げて悪戦苦闘する八軒も、諸々の事情で大学受験をすることになり・・・?!という感じの内容になっとります。



告白して付き合う辺りで終わる漫画も多い中、まだもうちょっとだけ続くんじゃ状態ですね。

相変わらず、ピザが旨そうです。(・∀・)

それはそれとして、同級生が受けた就職面接の内容がちょっとリアルで引く。



やばい会社ってこういう事言うよねっていうアレ。

ヒロインの受けた大学面接でも厳しい事を聞いてきましたが。

まぁとにかくピザが旨そうです。(・∀・)

そんな14巻でした。


んでお次は。

干物妹!うまるちゃん 11巻



真面目サラリーマンな兄と同居する、家の外では才色兼備、家の中では干物の様にだらけてオタクライフを満喫する妹を描いた漫画も11巻目。

この巻では、冬休みが終わりそうになって、学校に行きたくなさすぎて悟りを開くうまるが見れたり、



夕方の短い時間にのみ現れる伝説のゲーマーとして噂されるうまるとヒカリの話があったりします。



一緒に遊ぶ様な関係になって、最初はうまるの兄を巡ってライバルっぽかった二人も大分仲良しになってきた感じ。(・∀・)

モンハンぽいゲームで神の称号を持つゲーマー女子高生と仲良くなってましたが、彼女は今後、登場回数が増えるのかどーなのか。そしてその子も姉がいるという妹属性大盤振る舞いな漫画です。

その他、兄の友人・ぼんばがしれっと転職してたりしますが、大きな動きはなく、のんびりいつもの干物妹ライフを満喫している巻でした。

あ、シルフィンが兄と十年ぶりに会話したのは事件か。まぁとにかく。

ほんのり面白かった。次巻も期待。そしてアニメ第二期も期待。(´∀`)

しょんな感じで。

2017/10/05 | Comments(0) | 本・漫画
ほらいぞん
前から気になってたゲームをパパーンと買って、ぴょぴょーいとクリアしてみました。(・∀・)

PS4 「HORIZON ZERO DAWN



1000年後の地球-文明が崩壊し、人々は原始的な狩猟採集生活を送っているが、誰に作られたかもわからぬ奇妙な機械の獣が地を駆け空を飛ぶ世界。

辺境の部族と関わりを持って育ったアーロイは、「異端者」と呼ばれ蔑まれてきた。



自分になぜ親がいないのか。そしてなぜ異端者と呼ばれるのか。

その謎の答えを知る為、勝利者にはどんな褒美も与えられるという部族の戦士となる試練を受けるアーロイだったが、そこで起こる事件が、自身の出生や文明崩壊の謎を解き明かし、迫りつつある世界の脅威に立ち向かう旅の始まりとなる-というようなストーリーでっす。(・∀・)


ゲーム内容は簡単に言うと、ゾイド(機械獣)を狩るモンスターハンターって感じのオープンワールドゲーム。



モンハンの様な原始的な武器(弓と槍)で機械獣を狩るんですが、機械獣のパーツから技術を取り入れているので、部分的に未来っぽい。

で、やっぱこのゲームの醍醐味は大型の機械獣との迫力あるガチバトル。



ワイヤーを打ち込んで動けなくしたり、部位破壊で攻撃方法を少なくしたり、火矢でオーバーヒートさせたり、電撃で麻痺させたり、罠を仕掛けまくって誘導したりと狩りの仕方に幅があって楽しめます。(・∀・)



大型の獣は部位破壊できるパーツが多く、破壊するとめっさくさ気持ち良いですし、装備していた未来兵器を弾数制限有りで落としたりするので、それを使って狩ってもよしって感じで。(=´∇`=)



操作感覚も良好で爆発などのエフェクトも気持ち良いので、かなり良い感じっす。


そんで世界観は機械獣や過去の遺跡がある以外、本当に原始的。

人々の暮らし・悩みのレベルに対して、機械がある事の方が違和感を感じるレベル。





機械と原始的生活が同居する奇妙さがこのゲームの魅力ですね。



世界崩壊の謎は大方予想通りではあるのですが、よりエグい感じでもあり。



崩壊前の世界を知る手掛かりや、現在の世界となった内容がなかなか面白かった。

フォールアウトっぽいところもあるんですが、退廃的なムードはなく、人々が力強く生きる普通のRPGって感じの世界観ですね。


気になる点としては、サブクエストもやれるだけやってクリアしたんですが、ちょっちクリアまで速い気もします。

クエスト内容も、結局バトルになる事が多いので、ワンパターンな気がしないでもない。

あと、マップも今のオープンワールドゲームに比べるとちょっとだけ狭く感じるかな?

まぁ全部微々たる物なので、満足満足です。\(・∀・)/



しょんな感じで。

2017/09/28 | Comments(0) | ゲーム
きみ とか ごーすと
観ようかなと思いつつ観てなかった映画をズババッと観まんした。(・∀・)

※ネタバレ注意

君の名は。



田舎に住む女子高生・三葉と、東京に住む男子高校生・瀧はお互いの意識が入れ替わるという不思議な体験を何度も繰り返していた。

お互いの日常に慣れ、打ち解けあってきたある日、入れ替わりが突然途絶え、三葉は音信不通となってしまう。

三葉に何があったのか。瀧はそれを確かめようと三葉の住む土地を訪れるが-といったストーリー。


と、紹介する必要もないくらい去年大ヒットした映画らしいっすね。(・∀・)

多分、siestaみたいな人間はターゲットではないんだろうなと思いつつ、そこまでヒットした映画だったらいっちょ観てみようという感じで観たのですが。

良い意味で裏切られたというか、序盤はさすがに予想通りな展開で眠たかったのですけれど、中盤から急展開でタイムトラベルというかスピリチュアル的な流れになったかと思いきや、人々を救う展開にもなったりして、眠気がぶっとびました。(´∀`)

後半はなんとなく雰囲気がサマーウォーズとか時をかける少女を思い出す感じで、結構、面白かったと思いまする。

恋愛要素はサラッとしてて、相手の記憶は消えるけど奥底に刻まれた感情で探し求めてるって感じなので、ちょーど良かった。

とりあえず瀧くんは三葉の胸もみすぎやでと思いつつ、そんな感想を持つのでござった。(・∀・)


んでもいっちょ。

ゴースト・イン・ザ・シェル



近未来、脳を直接ネットに繋ぎ、体の一部を義体(サイボーグ)化する事が当たり前となっている世界。

初の全身義体化に成功したキリアン少佐は、テロに対処する公安9課の一員として動いていたが、ある事件の犯人と接触した事で、自身の記憶に疑問が生じる-といったストーリー。


原作漫画もアニメも観た作品なので観てみましたが・・・んん?これって元の設定やストーリーを大幅に変更して、ロボコップそっくりな話になってません?

巨大企業の陰謀によって偽の記憶と機械の体を与えられ、犯罪と戦わせられていた主人公が、自身の記憶や人間性を取り戻そうとするという流れがそれっぽい。

原作では、技術の発展によってあらゆる生体部品を機械化できた結果として残る、自身を定義する物=ゴーストの存在が重要となっている世界で、脳と脊髄以外は義体化していながら限界も感じている主人公は、電子の海から生まれた「生命」を名乗る存在とゴーストが融合し、肉体を超越した新しい存在=より上位の階層にアクセスできる存在となって世界に旅立つという様な話でしたが・・・全然別物ですね。

部分部分でアニメ版の名シーンを再現しているので、攻殻機動隊っぽい雰囲気はあるものの、映像全体としては攻殻というよりブレードランナーとかの古いSF作品を思い出すレトロな未来観。

 

さらに日本やアジアというより中華テイスト全開フルスロットルのサイケデリックな雰囲気がコレジャナイ感を増幅させちゃう。(*´д`*)

 

アニメのイノセンスに近いと言えなくも・・・いや、ないか。(´∀`)

それと役者さん達のセリフは英語なのに、ビートたけしとかサイトー役の人とかは日本語で喋ってて違和感が・・・と思ったら桃井かおりは英語で喋るんか~い!って感じで、字幕版を観てるともう大混乱です。(笑)

ビートたけしといえば、演じている荒巻って元ネタでは頭脳派のはずなんですが、後半になると銃持って戦うヤクザなアウトレイジ管理職になってて、もうすげーなハリウッド。アンビリバボー!って感じです。(・∀・)

かと思えば、アニメシリーズから色々設定を持ってきて混ぜてたり、バトーの犬好きとか少佐が記憶を取り戻す為に訪れるアパートの名前が「アヴァロン」になってたりと、アニメ版監督の押井守リスペクトっぽい部分があったりして、もう愛があるんだかないんだか、わかってるんだかわかってないんだかよくわかんないっす。siesta、もうよくわかんない。(*´д`*)


原作を知らない人にもわかりやすくする為に内容を変えたのかもしれませんが、結局、攻殻としての深みのある面白さがごっそり抜けてるアレな出来になっちゃってる様な。見た目は頑張ってると思うんですけど。

じゃあ原作関係なしで観るとしたらどうかっていうと・・・ありがちで内容が薄い。だけど普通のアクション映画として観れるってところじゃないでしょーか。

しょんな感じで。

2017/09/21 | Comments(0) | 映画

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]