忍者ブログ
だんじょんとらべらー
地球防衛軍が一段落したので、別のゲームに手を出してみやんした。(・∀・)

PS vita「ダンジョントラベラーズ2



PS Plusのフリープレイで配信されてた3Dダンジョン探索型RPG。

魔物を本の中に封印する術が開発された世界で、魔神すらも封印し、平和が訪れた世界に再び不穏な気配が忍び寄り、士官学校を卒業したての主人公が巻き込まれていくストーリー。



ギャルゲーで有名なメーカーの作品で、萌え萌えきゃわゆすなおにゃのこが戦うゲームとなってるんですね。

イベントCGがモロにギャルゲー。



んで微エロシーン多め。



敵モンスターもほとんど女性で露出度高めのデザインという徹底ぶり。



てか敵キャラ表示が大きすぎて後列の敵が文字しか見えないわ画面全体がごちゃごちゃしてるわ戦闘ログが一行しか表示されないわで、もうなんだかすごいとしか言いようがない。(´∀`)



敵のキャラデザ自体も、例えば「スケルトン」と言われれば骸骨戦士を想像しますが、このゲームではパンクロック風衣装に身を包む少女のデザインだったりで、



予想の斜め上を行くキャラデザも多いですね。

他にも果物系の敵は落書きみたいなキャラデザというなんだかよくわからない感じでもあります。



うーん・・・かわい・・・い?


で、プレイ開始する前は、フッ・・・フハハハハッ!こんなギャルゲーをちょっとウィザードリィにしてみました系なんて、パパッとクリアしちまうか!と考えてたsiestaですが、やってみるとバランスがガチのゲームに萌えグラフィックを被せるという、まさかの逆バージョンにびっくりすることになるのでした。orz

というのも、毒・沈黙・凍結・睡眠・石化などなど、他にもやたら多い状態異常が雑魚戦でも乱れ飛び、ダンスで敵全体強化やこちら全体の弱体も来るし、敵の魔法の詠唱が終わる前に攻撃して止めないと攻撃魔法でごっそり体力を持っていかれたり、全員が状態異常になったりします。
 


スキルを使ってなんぼのゲームなので、状態異常で封じられるとヤバス!

とにかく雑魚戦でも気を抜けないバランスで、攻撃コマンドのみでなんとかなる場面は少ないですね。

ボス戦はさらにキツめで、列全体を即死させるなどのやっかいな攻撃方法をいくつか持ってたりするので、どのスキルで止めるかとか周りの雑魚を倒す順番とか色々考えさせられます。

そもそも最初のダンジョンからして、やり方を間違うと全滅するという・・・。(全滅するとゲームオーバー)

レベル上げや強い武器防具でなんとかなるんじゃ?と思ったりもしますが、かなりレベルを上げないと楽にはならないし、装備品は未鑑定品をランダムに手に入れるしか方法がない上にそんなに強い物は出てこないので、戦闘で有利になるには職業の組み合わせや、何のスキルを覚えさせるのかの方が重要くさい。



だけど使える・使えないスキルは当然あるし、スキルのレベルを上げた方が良いもの・上げると燃費が悪くなって逆に使えなくなる物など色々あるんですが、試そうにも気軽にできるスキルリセットという物がなくて、1・15・30などの決められたレベルまで巻き戻す「レベルリセット」しかないってのも、このゲームのガチっぽさを感じる要素っすね。

レベルの上がるスピードは普通のゲーム並だし、中途半端なレベルになって、「やっぱあのスキルの方が良かった」と思っても気軽にはやり直せない。パーティのバランスも崩れるし。(*´д`*)

さらにツリー状で用意されている上位職への転職とパーティ内の役割を考え出すとモー大変。

ま~しかし覚えさせたスキルを駆使して挑む1戦1戦が本気で、ダンジョンの仕掛けも複雑になってきたりする中、パーティの状態を見てあと少し進むか拠点に帰るかを考えるこの感覚は嫌いじゃない。

内容はガチなのにグラフィックは萌え萌えでオタクネタを仕込んだ内容っていう違和感と癒しがあって、奇妙な魅力を感じて続けちゃうってのもあるのかも。(´∀`)


あと、続けられてるのはチュートリアルが上手いってのもあるかもしれませんが。

ちょっと複雑なシステムのゲームなんですが、システムの説明を最初にいっぺんにするんじゃなくって、疑問が湧いたり、何かできるようになるタイミングに笑いを交えて説明されたり、



初めて特定のスキルを使った後や、なんかやらかした後にキャラからのアドバイスがあったりで、



なかなかわかりやすくゲームに入っていけるのが上手いところかなと。


で、このゲームの特徴的なシステムとして、敵をただ倒すだけじゃなくって、倒した数によって装備品になる本にする事ができるし、それを売ってお金稼ぎができたり、武器防具の強化に使えるってのがありますね。



本にできた時点で初めて敵のレベルやステータスがわかるし、色んなゲームにある「~を何体倒せ!」っていう依頼をこなすことで、今何体倒してるのかが気になる感じになりやんす。(・∀・)



この辺りもちょっと面白いっすね。

ダンジョン内にランダムで現れるお店(キャラ)などのお陰で回復できたり、気分転換ができるのも良い感じ。


今は中盤を過ぎたかな?って辺りなんですが、どんどん難しくなってきていて、ボスクラスの強さを持つ敵が稀にエンカウントする様になってきてますし、ダンジョンも味方だけ魔法が使えないエリアがあったり、隠し通路を発見しないと先に進めないのが普通になってきていて、どこまでヌルゲーマーsiestaがプレイするのか微妙な感じになってきておりやんすが、飽きるまでぼちぼちやっていきたいと思いやんす。(´∀`)

しょんな感じで。
PR

2018/01/04 | Comments(0) | ゲーム
ういーゆー
スイッチを購入してから設置する場所がなくて片付けたWii Uさんをどしよっかなと考えまして、最近は全然起動してなかったし、大掃除も兼ねて旅立たせることにしやんした。(・∀・)



スイッチと互換性もないので、Wiiから続く周辺機器などもまとめて愛と青春の旅立ち。

ダウンロード版で買ってるソフトや、バーチャルコンソールも全部失うことになるのでちょっと躊躇しましたが、これから先プレイするかと言われるとやりそうにないので、思い切って初期化ボタンをポチっとな。



う~ん、こーいう時に売れないダウンロード版ソフトってもったいない感じがしますね。


思い返せば、なんだかイメージ的にWii Uって、Wiiの上位互換というか、PS4に対するPS4 Proみたいな機種だったのかな~なんて思いますね。

Wiiにゲームパッドを追加して、HD画質で出力できるようにちょろっとパワーアップした、みたいなイメージ。Wiiの次世代機というにはパンチが足りなかったかなと。 

それとあまり売れてないのは知ってましたが、思ったより早く任天堂が見切りをつけて、siestaが買ってから1年ほどで生産終了&ソフトが出なくなり、アレ?これからハードを使いこなしたソフトが出てくる時期じゃないの?となったし、全体的に出たソフトの数も買いたいと思えるソフトも少ないハードになってしまいました。

まぁ少ない中でもスプラトゥーンやマリオメーカーなどの記憶に残るソフトとの出会いがあったのが救いかな~と思ったりもしますけれど。(´∀`)



ただ、外付けHDDやUSBハブ、プロコン等を買った結果、実質ドラクエX専用の周辺機器になってしまって割高感がでたなぁと思ったり。

他のゲームでは必要がない or 使えない機器だったりしたので。(*´д`*)

スイッチではそんな気持ちにならない様に周辺機器を買いたいですね。

ま~プロコンがスイッチではさらに高くなってるんですけどねぇ~。

でもゲームパッドオンリー操作なゲームが多かったWii Uとはハードの設計が違うし、ジャイロも搭載してほとんどのゲームに対応してるっぽいので買いそう。(´∀`)

高値でWii Uが売れたら買っちゃおうかしら、かしら。

そんな感じの揺れる年末でした。では良いお年を。

2017/12/28 | Comments(0) | ゲーム
ちきゅーぼうえい
ヒャッハー! レッツパーリィタァーイム!



ってことで大興奮プレイ中の「地球防衛軍5」なのですですです。\(・∀・)/

突如、大軍勢で攻めてきた宇宙人相手に地球の軍隊が奮闘(主に主人公が)するアクションゲームだんす。

んでミッションの大半は、宇宙人に作られて大量に現れるアリとかクモとかの巨大昆虫や巨大ドローンを弾幕を張ってなんとかする感じになります。

わーわー!



うわわー!!



うひょー!!!



ガチで塗りあう時が来た!スプラトゥーン2!(違う)



終始、こんな感じで画面がよく見えなくなるほどの物量を、強い武器をゲットしてなんとかする感じが楽しすぎるゲームっす。(=´∇`=)



初めてやったら、あまりの敵の物量と巨大兵器に絶望する事間違いなし。



さらに大怪獣も現れたりするので、特撮映画の中にいるような感覚に浸れたりもしやんす。





音楽もそれっぽいのが流れたり。(・∀・)

敵を倒していくと乗れるようになる乗り物も前シリーズより使える感じになってるし、



キャラ(兵種)を変えれば爆撃を要請できますし、ウイングダイバーになれば空も飛べるので、戦い方や気分が変わってなかなか楽しい。



ハードが変わる度に処理能力が上がって派手さがパワーアップしてる感じっす。(・∀・)

うわわーとプレイして、難易度ノーマルでクリアできやんした。楽しかった。(=´∇`=)




気になる点としては、より難しい難易度に挑戦するためのHPを上げる作業に時間がかかるのが相変わらずだったり、味方のNPCが射撃中に前にフラフラ~と出てきて誤爆になるわHPが減るわで邪魔な時があったり、やっつけた敵の残骸に当たり判定がしばらく残って邪魔だったりとかですかね~。

あと、ストーリーの組み立て方がイマイチというか、大決戦!みたいな後で普通の怪物退治任務が入ったり、「あの話が止まってるけど、ど~なった?」みたいになったりするのがアレかな。

ボス級の敵が何回も出てくる割に倒せない展開が続くのもダルい。

細かい話では、味方や民間人の叫び声が大音量でうるさいとか、歩いてると小さい段差とかガードレールにひっかかるのがちょっと気になるとかとか。

そんな感じっすかね。まぁ許容範囲。(・∀・)


今後はより強い武器や強い敵を求めて難度を上げたりする感じですかね。他のキャラでクリアしてみるのも良いかも。

とにかく大スケールかつ派手派手で爽快。

しばらく楽しめそうな良いゲームっす。(´∀`)



しょんな感じで。

2017/12/21 | Comments(0) | ゲーム
がんじょん とか まーせなりー
この前のセールでぴょろっと買ったゲームの記録を忘れてやんした。(・∀・)

PS4「Enter The Gungeon



とある星のダンジョンの奥にあるという伝説の宝「過去を始末できる銃」を求め、自らの過去を塗り替えたい奴らがダンジョンに挑戦していくというお話ざんす。

ゲーム内容はアクションシューティングで、ローグライクな感じっす。



例の挑戦するたびにボスやマップが変化し、手に入る武器も変わるって奴で。

テーブルをひっくり返して盾にしつつ、撃ちまくり避けまくりで戦う忙しいゲームっす。

ボス戦は弾幕シューティングっぽくなったりして、さらに忙しい。(´∀`)







世界観はSFながら西部劇が入ってる様な感じで、「銃」や「弾丸」をモチーフにしたグラフィックや言い回しが独特かつコミカルな感じ。

ただ戦うだけじゃなく、山ほどあるアイテムをランダムで手に入れて図鑑を埋めたりする楽しさもありやんす。



アイテム屋で暴れると、親父が怒ってエグい反撃をしてくるとかの小ネタを仕込んでるのも面白い。



結構難しくって、siestaの腕ではまだクリアできてないんですが、気が向いたらちょろっとプレイしてバンバン撃ちまくって(すぐにやられて)サッと終われる手軽さが良いゲームっす。(´∀`)


そいえばPS Plusのフリープレイで、シューティングゲームなのにローグライクっていう変わり種も配信されちょりましたね。

PS4「ステレデン



やってみたところ、変化する敵のタイプと取れる武器の相性で難度がかなり変わるゲームなんだなぁ~と思うくらいっすかね。





siestaの中では「シューティングゲーム」の枠内かもしんない。ローグライクっぽさがあんまり感じられないというか。

シューティング好きがやったら良い感じかも。


んでんで最後は。

PS4「MERCENARY KINGS



秘密の研究を行っていた島に悪の軍団が攻め込んできたので、地上最大の傭兵チームに所属する主人公が博士の救出と悪の軍団の壊滅を目指すというお話のゲームだんす。

ゲーム内容は横スクロールのアクションシューティングなんですが、なんかレビューを観ると「モンハンとメタルスラッグが合わさった感じ」のゲームらしく、どっちも結構好きなsiestaは買うっきゃないじゃーん、ってことで買いまんた。(・∀・)



で、やってみたところ、制限時間のあるミッションを受けてマップ内を走り回り、バンバン撃ちまくって敵を倒しまくるタイプのゲームで、そういったシステムやドロップ素材で武器を作成する辺りはモンハンぽい・・・?とも言えるし、演出や見た目はミリタリーティストなのでメタルスラッグっぽい感じはしますね。



だけどステージ構成やプレイ感覚はメタルスラッグというよりロックマンに近いかなぁ。







音楽もそれっぽい。

色んな所で過去のミリタリー系ゲームやアクション映画の要素をまぜてあるのは楽しい。(´∀`)



で、雑魚やボスからドロップする素材で武器を作る要素は、細かく部品が分かれていてメチャクチャな見た目にできたりするんですが、結局同系統の武器を組み合わせた方が性能が良くなるのであんまり自由度はないかなぁと思ったり。



ボスへの攻撃チャンスが少なくて、時間がかかると別の場所に逃げたりしますし、雑魚も体力が増えていくので、1発の攻撃力が低い連射武器より瞬間火力の高い単発の武器って流れになりやすい点でも自由度は低いかも。

それと装備によっては重量が増えてキャラの移動スピードが遅くなり、ジャンプ距離も短くなるので、ステージクリアの弊害になってくる要素はイマイチ。

リロードの度にギアーズ・オブ・ウォーみたいなリロードをやらされるのも面倒かも。

あとミッション数は多いものの、内容が似通っていて中盤くらいになると飽きてきちゃいますね。(*´д`*)



武器を作る素材集めで周回することもあって、さらに飽きが早まるというか。

う~ん、程良い難易度で歯応えがあるし、ドット絵もそこそこ動いてよくできてるとは思うのですが・・・途中でsiestaは断念無念。



長くプレイできそうでしたけどね~、惜しいゲームでした。

しょんな感じのインディーズなゲームライフだんす。

2017/12/14 | Comments(0) | ゲーム
すいっち とか おでっせい
「ねんがんの スイッチをてにいれたぞ!」



という程でもないのですけれど、レアだ品薄だ転売だとワイワイ騒がれると気になってきて、スイッチ争奪戦に参戦した次第でおま。(・∀・)

いやぁ~激戦でしたね~って程でもなく、最近は生産数も増えてるらしいですし、大手の通販サイトを見てると在庫が長時間残ってる事もあって、無事ゲットできました。イェイ!\(・∀・)/

んで本体を出してみると・・・



ほほー、思ったより小さい感じっすね。

WiiUのゲームパッドとほぼ同じ大きさかな?液晶サイズは同じで、上下に狭く、薄くなった感じ。

コントローラーを取り外すと車のナビみたい。(・∀・)



で、ドックに挿すとテレビモードになるんすねー。



すげーコンパクト。

まぁsiestaは多分、テレビモードでしかやんないんで、このままっすね。(´∀`)

難点は左右に装着するコントローラー(Joy-con)のバッテリーが、別売りの周辺機器を買わない限り、本体に装着しないと充電できないってところか。地味にメンドクサイ。

あと、数時間プレイするだけでドックに装着してる本体が熱くなってくるので、常時充電+熱でバッテリーの劣化が心配。そんな感じ。


んでスーパーマリオ オデッセイのセットを買ったので、早速プレイ!\(・∀・)/



オデッセイは3D系マリオで、今回の売りは帽子の能力。敵や動物に乗り移り、能力を使ってステージをクリアしたり、ぶち壊して進んだりできちゃう。







昔懐かし2Dマリオになって進むステージが合間にちょくちょく入ってくるのも楽しい。(´∀`)



今回のマリオはクッパにさらわれたピーチ姫を追いかけて、色々な国を空飛ぶ船で巡るのですが、



そんな中、ソフトが紹介された時から気になってた「大都会」ステージに到達!



ここではドンキーコングシリーズのヒロイン、「ポリーン(レディ)」が市長になっていて、歌うし踊っちゃう。Yeahhh !! \(・∀・)/



最高のフェスティバルでした。市長。(=´∇`=)



で、普通にストーリークリアするだけならそんなに難しくもなく、すぐに終わっちゃう感じですね。

重要アイテムのムーン集めをやり始めると果てしない道のりになりますが・・・。



噂によるとムーンを集めていくと激ムズステージが解放されるらしいのですが、ま~siestaはそこまでやらないかな~って感じっす。3D系は焦ると誤爆操作が多くなってストレス溜まるし。(´∀`)

全体の感想としては、いつもの3Dマリオの楽しさに加えて乗り移れる敵が結構多くて、ちゃんと特徴が出てました。面白かったっす。(・∀・) b


しょいで、スイッチ本体の機能で気になってた物に「HD振動」ってのがあるんですが、これが何やら普通のコントローラーの振動とは違い、手触りなどの「触感」を生み出せるとかいう代物らしく。

めちゃ期待してたのですが、マリオで体感してみた感じは・・・大体が「チチチチチ(小)」「キシシシシシ(大)」といった何かが擦れたような細かい振動が伝わってくるだけでした。orz

まぁスクーターに乗った時のエンジンの振動は割とリアルに感じられましたけれど。



頑張れば、リアルっぽい細かい振動が作り出せるっていう感じなのかなぁ。まぁ「触感」には到達してないなーという感じかな。

本体と同時発売の「1-2-Switch」では、HD振動の凄さが感じられるミニゲームがあるらしいんですけどねー。髭を剃る感覚とか箱の中で玉が転がる感覚とか感じられるそうっす。

もうちょいソフトが安ければ買って体験してみたいんですけどね~。

まぁ普通のゲームだと振動はオマケみたいなもので、作り込まれずに埋もれてしまうと思うので、暗闇の中、様々な振動(触感)を手掛かりに進むアドベンチャーゲーム、みたいなHD振動メインのソフトが出たらやってみたい気もします。

しょんな感じで。


勢いで買ってみたものの、スイッチでやってみたいソフトは今んとこゼルダぐらいしかないsiestaデシタ。(・∀・) イキオイッテコワイ

2017/11/30 | Comments(0) | ゲーム

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]