忍者ブログ
きのっぴお
なんか期間限定トライアルっつ~事で、最後までプレイできる形で配信された、スイッチの「進め!キノピオ隊長」をプレイしちょりましたん。(・∀・)



お宝を求めて探検していたキノピオ隊長とキノピコは、とある場所でパワースターを発見するも、突然現れた大怪鳥にキノピコごと奪われたので、隊長は大怪鳥を探して奮闘するというストーリー。



ゲーム内容は、1つ1つのステージに隠されているパワースターと巨大ダイヤを回収するのが目的のアクションパズルゲームっす。



視点カメラをぐるぐる回してお宝の場所や隊長の位置を確認しつつ進められるのが特徴で、小さな箱庭にギュッと仕掛けが詰まっているのが面白いっすね。(・∀・)



ジャンプができないのも良いアクセントになってる。

この作品オリジナルっぽい仕掛けも多いし、マリオでおなじみの物もあります。





さらにシューティングやピンボールになったりとか、ステージのバリエーションが多くて飽きないっすね。(・∀・)





ボス戦もあって、なかなかの迫力。



難易度としては、最初は本当に誰にでもクリアできて面白さが感じられる、任天堂らしさがあるステージ内容なのですが、終盤になると「もうこれマリオじゃね?」という感じの、アクション重視でちょっと難しめの内容になっていきます。(´∀`)





それでも本家マリオの難しいステージほどではないので、楽しくプレイできました。(・∀・)

1ステージのクリアまでにかかる時間は10分程度かなと思いますが、隠されているお宝やステージ目標、クリア後に追加されるミニゲームなどもあって、全ステージを完全にクリアしようと思うとなかなか時間がかかりそうです。



おまけステージまで含めると70以上の数があり、全ステージの目標を達成すると難しめの隠しステージが出現するそうですが、本編をクリアするだけでお腹一杯になったsiestaは例のごとく、そこまでプレイせずに終了しました。(=´∇`=)

でも、おまけステージの一部が「スーパーマリオ オデッセイ」をモチーフにした物だったので、そこだけはテンションアゲアゲでクリアしましたん。(・∀・)


↑ 氷の砂漠!


↑ VRで観たらえらい事になりそうな滝の国!


↑ 相変わらず凄い色合いの料理の国!



え?!ニュ…ニュードンクシティやないか!!久しぶりやのぅ、ワレ!(・∀・)



うわぁあああ!懐かしいぃいいい!! ミニチュアサイズになってるぅううう!!


↑ ヒューヒュー!!



ポリーン市長!お久しぶりですっ!!(看板だけど)

てな感じで、おまけでも楽しめたキノピオ隊長でごじゃりました。(´∀`)


最後に、プレイしてて気になった点としては、立体的でちょっと複雑な作りのステージでは、いくら視点を動かしても見難い場所があったり、



ポインター操作で仕掛けを動かしたり、敵を止めるのはいいにしても、タイミング重視な場所ではプロコンだとやりにくかったりするのが、ちょっとアレだったかなという感じ。



まぁジョイコンやタッチパネルでやってたら、多少はマシだったのかもしれませんし、そもそもsiestaはポインタもジャイロ操作も苦手なんで、余計に気になったんでしょうけれど。(´∀`)


ゲーム全体としては、満足するボリュームと難易度で、とても楽しかったと思います。

各ステージの密度の高いジオラマ感が、ミニチュア好きとしてはとても良かったし。(=´∇`=)



PS Plusのフリープレイと同じく、普段は買いそうにないゲームに触れられたという意味でも、良い体験でごじゃりました。

なんかフリープレイの方は配信されるのが当たり前みたいな感覚になってますが、任天堂が期間限定とはいえ、同じ事をすると「そんな豪華にしてくれなくていいのに…」なんて気持ちになる不思議。(笑)

テトリス99とかファミコンソフトの配信だけでも十分満足してますからね~。(´∀`)

ていうか、期間限定だったら、例え買ったソフトが配信されたとしてもダメージが薄まるなぁなんて思ったり。

まぁとにかく、やっぱ任天堂のゲームってアイデア豊富でよく練られてるし、難易度調整も上手くて安心してプレイできるなぁと再確認した楽しいゲームでごじゃりましたよっと。
PR

2019/08/10 | Comments(0) | ゲーム
えいぷ
紹介映像を観て、ちょっと痺れたゲームを買ってみやんした。(・∀・)

スイッチ「Ape Out(エイプ アウト)

※ちょいネタバレあり感想



このゲームは一言で言うと、とある場所からゴリラを脱出させるアクションゲームでっす。

ストーリー説明はなし!

ですがスタート時点で、パッと見でも動物愛護団体が激おこぷんぷん丸になりそうな、動物実験をしている事がわかる状況で囚われの身になっている我らがゴリラ君。



目の前の強化ガラス?をガシャーン!と叩き割ったらゲームスタートで、ひたすら出口を求めて人間を殺害しながら進むという単純な内容になってまっす。(・∀・)



あ、見てわかる様に血や人体のパーツが飛び散ってグロいんですが、全ての物体はシルエット状態で表示されてるのでマイルドな感じですし、プレイ中は特に気にならなかったですね。

攻撃方法は突き飛ばしのみ。人間を捕まえると盾にできるし投げ飛ばす事もできやんす。(・∀・)



たまに鋼鉄の扉も引きちぎって、盾にしたり投げ飛ばしたり。

ゴリラの腕力に物を言わせた野性的な攻撃って感じで、突き飛ばした敵が障害物に当たると一発でグチャグチャになって死亡するのですが、人間達も銃や火炎放射器、ロケットランチャー等を持っていて、ゴリラも呆気なく死んじゃいます。(・∀・)

このスピーディに殺したり死ぬ感覚は、「ホットライン・マイアミ」に近いかも。

銃弾なら数発耐えられるものの、複数の敵に囲まれると辛いので、攻撃範囲の広い技が欲しいな~なんて思ったんですけど、今の状態がリアルさと気持ち良さが両立するギリのバランスなのかな?とも思いました。

突き飛ばし攻撃は焦るとよくスカるので、もうちょっとだけ軸合わせというか当たり判定を広くしてほしい気もするんですけど、これはsiestaが下手なだけっすかね。(笑)

脱出するシチュエーションは、最初の施設以外にも、高層ビルや軍隊の基地、貨物船など、結構多彩。




ほ~いで、ゲーム自体も面白いんですけど、何よりsiestaが痺れたのが音楽との融合といいますか、打楽器が主体の荒々しい野性味溢れるBGMの中、敵を殺すたびに「チーン!」「ジャーン!」とシンバル系の音が鳴って、セッションで参加している様な、音ゲーをしている様な感覚も味わえて、気持ちがアガってくるのが素晴らしいんどす。(=´∇`=)

思わず「ウッホ ウッホ」と言いたくなる。(笑)

グラフィックもセンスの塊で、ステージ紹介は古いレコードアルバム風だし、





シルエット表示も、アーティスティックな文字との一体感を感じさせます。





とにかくカッコ面白い「作品」。そんなゲームなんざんす。(=´∇`=)


しょんで、ボリューム的にはクリアまで1~2時間といったところ。

短めですが、ステージ数は30ほどありますし、正面切って戦いまくるのではなく、逃げながら戦う事になるのでそんな感じになりまっす。

物足りない人には、点数稼ぎが目的のアーケードモードや、難易度「難しい」も用意されてるので安心っす。

で、本編クリア後におまけステージが解放されるんですけど、これがまー難しい。(´∀`)

施設に侵入して最深部に囚われている子供ゴリラを解放し、引き返して脱出するという長いステージなんざんすけど…



敵が多い上に、逃げても後ろから正確に撃ってくる銃持ちや、狭い場所で事故りやすい爆弾持ちタイプが主力で構成されているので、帰りの事を考えるとできるだけ倒しておいた方がいいんすよね~。

もちろん、やられると最初からですし、マップは本編同様に、リスタートの度に微妙に地形と敵の配置が変わるので大雑把にしか攻略を考えられず、もし障害物のない開けた場所が多かったりしたら、非常にキビシ~~!!(´∀`)



という運ゲー要素もあるステージなんざんす。

だけど「絶対無理」と感じる理不尽さは無く、「あと1プレイしたらクリアできそうじゃね?」と思える絶妙な難易度なのが憎らしくも面白い。(´∀`)

一度やめても「もしかしたら…」と考えて再プレイしまくり、結局2時間くらいかかってクリアできました。



本編より時間かかってる。(´∀`)

難しいゲームが嫌いなsiestaにこれだけプレイさせるんだから、大したモンっすよ。(長州力 風)

難易度「難しい」はもちろんしませんけどね。(笑)

いや~しんどかったけど、面白かった。大満足です。(=´∇`=)

そんな感じの、これぞインディーズ!という尖った作品でごじゃりましたよっと。(´∀`)

2019/08/02 | Comments(0) | ゲーム
すてぃるねす
また変わったゲームに手を出してみやんした。(・∀・)

スイッチ「The Stillness of the Wind

※ネタバレあり感想



荒野に一軒しかない家に、たった一人で住む老婆。



かつて存在した村の住人や子供達は移住し、たまにやってくる行商人と、家族からの手紙だけが外界との唯一の繋がり。



毎日、農作業やヤギの世話をしながら、老婆の最期の時間を体験するというゲーム。



紹介文で、「緩やかな時間」「静けさと喪失を体験する」みたいな事を書かれていたので、小説を読む様に穏やかで情緒的に、心に沁みる様な感じで主人公の最期を追体験するんだろうな~と、勝手に想像してプレイ開始したのですが。

まず、説明やチュートリアルがまったくなく、手探りで色々調べていると、なんか冬を越す為?の保存食としてチーズ作りをしなければならないという感じで、いつ主人公が亡くなるのかもわからないし、ほぼ毎日届く家族からの手紙を最後まで読みたいしで、生き抜く為に、食糧の確保や農作業、家畜の世話を頑張ろうという流れになりました。




なんかこの時点で紹介文と違うプレイをしている気もしますが、実際やってみるとお婆ちゃんの動きは遅く、あっという間に日が暮れて真っ暗になるし、お腹が空くと動けなくなるしで、ちょっと難しめなサバイバルゲームか牧場物語をプレイしている気分に。(笑)

外を探索する事もできますが、家に帰る頃には真っ暗になって迷うのでオススメできない。(´∀`)



で、ゲームを進めると干し草が足りなくてヤギが餓死したり、狼が出て殺されたりでいなくなったのでチーズが作れなくなり、卵を産む鶏もいつの間にか数が減っていくので、さらにハードモードに。(´∀`)

後半にはひどい嵐になって、農作物や保存していたチーズもダメになり、薪がなくなって料理もできない状況になった結果、



雪が積もった日にお婆ちゃんがパタリと倒れてお亡くなりになりました。



……。



工工エエェェ(´Д`)ェェエエ工工



なんか思ってたのとちがーう。

ゲームの紹介にある「喪失」って、こんな乱暴に何もかも自然の脅威で奪い去られるとは思ってなかったし、その影響で亡くなったって感じじゃーん。(*´д`*)

お婆ちゃんじゃなくても耐えられないよ。

それも運悪く嵐が~っていう話ではなく、世界全体がおかしくなってるっぽい感じが家族の手紙からも伝わってくるし、





一人の老婆の静かな死というより、世界の終わりって感じになるのがなんだかなぁという気持ちに。

進め方が悪かったのかな?と思って、他の人のレビューやプレイ動画を観てみましたけど、どうやろうが最後は似た様な状況になるみたいっすね。


工工エエェェ(´Д`)ェェエエ工工


まったく感動しない…お婆ちゃんが亡くなった事よりも、世界に何が起こっているのかの方が気になる…。

なんか気持ちがブレるというか、最後になんで気を逸らしてくるのか。

う~ん…まぁ雰囲気ゲーなので、そこらへんを気にしてもって感じなんでしょうけどね。



ゲームとしては、siestaの様に忙しく動きまわってもいいし、作業を取捨選択してゆったり過ごしても大丈夫みたいです。

頑張って色んな物を貯め込み、行商人から高価な家具?を物々交換で手に入れる事も可能っす。



何をしようと、最後には大きな力で奪われていきますけどね。(笑)

しかし最初から覚悟はしてましたが、どうしてもやれる事が少ないので、単調で退屈になるのは避けられないって感じですね。

ボリューム的には数時間で終わる短さで、それはいいにしてもストーリーに満足したかって言われるとびみょ~としか言えないっすね~。(=´∇`=)

セーブデータが1つしか作れず、周回プレイを推奨してないっぽい作りから、「最期の体験」に結構こだわりがあるのかな~とは思います。

そんなゲームでしたん。

2019/07/24 | Comments(0) | ゲーム
めーかー とか さばく
スッパァマリォメィカー!トゥー!

というわけで、また作りたくなったのでプレイしてます。(・∀・)

スイッチ「スーパーマリオメーカー2



自由にスーパーマリオのコースが作れるソフトの第二弾。



前作は大流行りで、複雑なギミックのコースや音楽を演奏できるコース、果ては計算機代わりになるコースまで、幅広いアイデアの物が作られたそうですね。

そんな名作に感嘆しつつも、実際にsiestaが他人のコースをプレイしたり、youtubeで実況プレイをされてるのを観て思ったのは、「なぜ人は初見殺しやだまし、鬼畜難易度のコースを作りたがるのか」でした。(笑)

今作ではオンラインで、ランダムに選ばれたコースで協力したり対戦したりもできますが、そこでも「うわぁ」となるようなコースに当たる当たる。

芸能人がやってるCMでも難しいのを作りたがってましたよね。(´∀`)



「簡単にクリアされたくない」とか「びっくりさせてやろう」とか色々な思いがあるんでしょうけれど、凝ったギミックやアイデアもない、ただ難しいだけのコースをクリアまで根気強くプレイしてくれて、さらに「いいね」までつけてくれるのは一部の人のみだと思うんすけどね。

しかし反対に簡単なコースだったら「いいね」はともかく、全員クリアしてくれるかっていうとそういうワケでもなく、前作ではスタート地点と中盤でスターを降らせてずっと無敵状態で、敵を蹴散らしながら気持ち良くゴールまで走るだけのコースを作りましたけど、途中で諦める人がちらほらいたのは「なんでじゃ!」となりました。(´∀`)

そんな不可解な人の性が垣間見えてしまうマリオメーカー2ですが。

今回はストーリーモードで、公式アイデア帳の様なコースを100個ほどプレイする事ができるようになりました。



公式コースは、一見、殺風景に見えても、よく考えられたギミックの配置と適度な難易度でプレイしやすく、「さすが」と言わざるを得ない出来。





一応、ピーチ姫の城を建てる為のコインを稼ぐという目的もあります。(・∀・)





70個程のコースをクリアして、やっと完成しやんすた。結構長かった。



今は思いついたアイデアを形にして、コース作りをしている段階で、完成した4つのコースを世界に公開してみましたが、反応はイマイチです。(泣)

特にシューティングゲームにしたコースは、公開してすぐ遊んでくれた数人以外、プレイすらされない悲しい状況に…。orz

クリアもされないし、うーん…難しかったかなぁ。大分削ったんだけどなぁ。逆にそれが…それともアイデアが…そもそもの魅力が…。

ま、まぁ、時間が経てばプレイしてくれる人も出てくるはずですし、コース作り、ばんばりまふ。L(・∀・)」


ふーいで、気になるインディーズゲームがセールされてたので、それも買ってプレイしてみやんすた。(・∀・)

スイッチ「Desert Child ~砂漠の子~



近未来、火星への移住が進み、地球が荒廃していく世界で、ホバーバイク以外に何も持っていない青年が、なんでもありのレースに出場して金を稼ぎ、高騰する火星行きのチケットを手に入れ、最後に火星最大のレースで勝利を掴むまでを描くストーリーっす。



で、ゲームのメインはホバーバイクレース。



1対1、車体をぶつけるのも相手を射撃するのも自由なレースで、とにかく最初にゴールすればいいという内容。

とはいえ、障害物に当たったり、攻撃してもされても少し後退するという程度で、フィールドもレースコースっぽさがないので、ずっと足の引っ張り合いをしている横スクロールのシューティングって感じかも。

レース以外の街中では傷ついたバイクを修理してスピードの低下を防ぎ、食事をするとなぜかブーストゲージの貯まりが早くなるので、食事をするって感じ。


↑ 日本人のソウルフード?であるラーメンを食いまくる。

で、火星に着いてからはバイクの強化ができる様になるんですが、



文章がまったく改行されない不具合があるので、なんとなーくわかる程度の説明になってるパーツを買ったり盗んだりして、パズル的に取り付ければ、ちょっと有利にレースができるようになるってゆ~内容。

だけど、色んなパーツを一遍につけられるわけでもないし、種類も少なくて微妙な能力ばかりなので、結局、射撃のパワーアップ一択になるんじゃないかな~なんて思ったり。(´∀`)


そんで、最後までプレイしてみた感じ、最初はそこそこ面白く、ヒップホップやレゲエっぽいセンスを感じるレトロ調のグラフィックや音楽、雰囲気がなかなか良いと思ったんですが、









ストーリーが無いに等しい薄さで、ゲーム内容の大半が、金稼ぎの為にひたすら大雑把な内容のレースをするか、ホバーバイクレースのアレンジでしかないアルバイトをするかなので、飽きが早かった印象です。(*´д`*)



改行の不具合のせいで、世界観を楽しむ為の会話とか新聞も読めなかったりするので、雰囲気を楽しむ事すら制限されて、余計に作業感が強くなったのかもしれんですね。つд`*)



ボリューム的には数時間で終わる短さで、物足りなさと惜しい感じがするし、なんか作りがちょっと粗いかな?と思ったので調べてみたら、たった一人の開発者で作ってるっぽいんすよね。

じゃあ凄いって事になるし、しゃーないかぁっていう気持ちになりやんすた。(´∀`)

でもすごくセンスと雰囲気が出てるので、もうちょっと練られたら、なかなか良いゲームになりそうっていう気配は感じる作品でしたん。



しょんな感じっすぅ~。

2019/07/20 | Comments(0) | ゲーム
でとろいと
フリープレイで気になるゲームが配信されたので、プレイしちょりました。(・∀・)

PS4「Detroit : Become Human

※ネタバレあり感想



2038年のアメリカ・デトロイト。

高性能アンドロイドが社会のあらゆる分野に普及し、家庭や個人で所有して生活をサポートさせる事も当たり前になっている時代。



そんな中、突然、人間に反抗し、危害を加える「変異体」と呼ばれるアンドロイドが増え始め、



製造会社からその捜査を命じられる最新式のアンドロイド「コナー」。



そして、主人による娘への虐待を見て見ぬふりをすることができず、娘と逃避行に出る家事サポート用アンドロイド「カーラ」と、



裕福な家で介護と仕事のアシスタントをしていたが、濡れ衣を着せられて廃棄され、変異体となって自由を求めて戦い始めるアンドロイドの「マーカス」。



この3体のアンドロイドが主人公となって、「アンドロイドは物か生命か?」という問いを投げかけてくる壮大なストーリーのアドベンチャーゲームとなっています。


基本的には他のゲームと同じく、歩きまわってイベントを起こせる物に触れたり、人物と話す事でゲームが進むのですが、



会話や行動の選択肢がかなり多く、ストーリー分岐がえらいことになってます。(・∀・)



なので、プレイした人それぞれでストーリーが大きく違ってきて、ある人のストーリーでは生きている登場人物が他の人のストーリーでは死んでたり、まったく違う展開になっていたりするそうです。えらいこっちゃ。



ちょっと笑ったのが、ゲーム後半に、対峙する主人公二人の会話の選択肢を選ぶ場面になったのですが、両方の選択肢をプレイヤーが選ぶという状況なので「ん?俺は一体何をしているの?会話の組み立て?出来レース?」と混乱しました。こんなの初めて。(=´∇`=)

それと、このゲームは脳トレみたいに独特な操作やボタンの同時押しを要求してくるのですが、





一度、「どんなコントローラーの持ち方を想定してんの?」ってなる、右手と左手がこんがらがってやっと押せる様なボタン同時押しを要求されたりしました。

アンドロイドが主人公だから、アンドロイドじゃないと普通にできない感じなのかな?(´∀`)

あと、アクションシーンではQTEになるんですけど、この難度が結構高め。

制限時間が短いし、1つのシーンで押すQTEのボタン数がかなり多い。さらに臨場感を出す為なのか、主人公の動きと一緒に表示がブレるブレる。

まぁでも、ちょいちょいミスっても全シーンでクリア判定になったっぽいので、良かったっす。(´∀`)


ボリュームとしては、終わりまで話を進めるだけでも結構長いし、ルート分岐をコンプリートしようと思えば、かなり長い事プレイできそうな内容でっす。

siestaの初プレイでは、コナーとマーカスが仲間になって、平和的なデモを行った結果、人間との間で一時的な休戦というか、自由を勝ち取った感じになって、





カーラは残念ながら、国境を川越えした直後に亡くなりましたが、困難な逃避行の末の悲しい結末という感じで、これはこれでアリだな~って思える終わりを迎えました。



生きている事と権利を認めてほしいアンドロイドと、物扱いで危険視して排除しようとする横暴な人間達って感じの考えさせられるストーリーでしたね。(´∀`)

3体それぞれのまったく違う立場とストーリーがあるので、複数の映画を観た様な満足感がありました。

まーでも正直に言えば、この内容ならアンドロイドじゃなくても、奴隷の様に虐げられてる人間であっても話が通じるというか、ありふれた内容かもなーっていう感じはありました。

アンドロイドは凄く純粋で善い精神を持っている可哀想な存在といった描かれ方で、人間っぽい様々な性格のアンドロイドがいるし、あまり機械っぽい感じがないので、余計そんな風に思えたというか。



ただ、コナーのストーリーは、終始人間臭い他の2体と違って、プログラムに忠実な機械でいるか、感情に目覚めた変異体となるかの選択を常に迫られる感じで面白いんですけど、まぁ後ろで人間のプレイヤーが動かしているだけに、よっぽどロールプレイで機械っぽく行動しないと、結局、人間臭くなるのは避けられないのかな~と思ったり。

あと、実際の人工知能にはブラックボックス問題とやらがあって、AIがどうしてその様な処理をしたのかを人間が論理的に説明できないといった事があるようで、暴走する恐れもあるみたいですが、アンドロイドに異質で理解できない機械っぽさがないこのゲームでは、そんな危険性はなさそうだなとも思いました。(・∀・)


とにかく、ゲーム自体は凄く作りこまれていて完成度が高く、現在のアドベンチャーゲームの最高峰といってもいいくらいの出来栄えですね。

クリア後に、メインメニューで語りかけてくるアンドロイドに自我が芽生えるっぽい演出も面白かった。(´∀`)



アンドロイドという立場じゃなくても悩む選択が多かったし、悩んだだけの展開、結果が用意されているだけにやりがいのあるゲームだと思います。

良いゲームでした。(・∀・)

発売後、評判が良かったのでセールで買おうかなとも思ったんですが、ソニー発売のゲームだったんで、いつかフリープレイで配信されるだろうな~と我慢したら、案の定、配信されたので、その点も良かった。(笑)

しょんな感じで~。

2019/07/13 | Comments(0) | ゲーム

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]