忍者ブログ
らんま1/2
siestaの中で一時期1・2を争うぐらい好きな漫画だった、「らんま1/2」がテレビで実写ドラマとして放送されてましたけど、情報が公開された時は、まーた適当な再現度の低レベルドラマになるんだろうなぁ、らんまって結構ファンタジー入ってるしなぁと思ってたんですが、これが結構よくできてた。(=´∇`=)

c9ade3f7301ad246175be2961425e73a.jpg

2時間でおさまるように、そして漫画を読んだ事のない人にもわかるように設定を色々いじってましたけど、原作の魅力をそこなわずに実写として再現するにはあれがベストなんじゃないかと思えるデキ。

適度にCGを織り交ぜた格闘シーンや男⇒女(パンダ)への変身。 そして原作のエピソードを色々まぜてキャラの特徴も出した上で無理なくまとめてる感じ。

原作の持ち味を全て殺してた「ハチミツとクローバー」のドラマと正反対で、ちゃんとしてた。(・∀・)

あぁ、ひとつだけ残念なことがあるとすれば、オリジナルの敵キャラが旬を思いっきり過ぎてるレイザーラモンHG(RG?)だったことでしょうか。(・∀・) らんまの世界観でも浮いてたね~。(笑)

これで人気が出ちゃって連続テレビドラマなんぞになっちゃうと、内容も格闘シーンも薄くてキツイものになりそうですが、忘れた頃に特番みたいにやってくれるとありがたいんですが。(=´∇`=)

なんかまーネットでちらっと検索すると視聴率が低かったみたいで、そうなりそうもないっすけどねぇ・・・。

んー、古い漫画だしね。若い世代は知らないしイマイチ認知度低かったのかも。(=´∇`=)



んで話はかわって、なんかデジカメこわれちった。(*´д`*)

何を撮っても青白くなるっていうか。

少しの光でブワッと明るく真っ白に写るし、ちょっとピントも甘くなってるかな。

何もいじってませんが、ホワイトバランスがくるったのかなと思って色々いじっても直らず。

ネットで検索すると、同じ様なケースでは重要パーツのCCDがいかれたんじゃないかって話。

メーカーのホームページでは修理受付終了してる機種で、一応サポートに電話してみるとシャッターを閉める部分のパーツに不具合が出てるのではないかとの事。

パーツの閉めなおしでも4,5千円、パーツ交換ってなると1万円って話で、今って9千円くらいで3倍以上の画素数のデジカメ売ってんすよねー。

数年前のカシオの機種で、今まで旅行とかどーでもいい写真とかもパシャコパシャコと撮りまくってた愛用のデジカメだっただけにイヤァンな気分。

調べてみると全部で1万300枚程度撮ってますな。 これって結構撮ってる方?(=´∇`=)

ふーむ。 旅行、プラモ、ブログ関連と写真を撮る頻度って結構高いから、いずれ買うことになりそう。

そういえばプラモ雑誌に写真の撮り方でこの機能があった方がとか書いてたな。色々調べなきゃ!!
PR

2011/12/14 | Comments(0) | テレビ
もやしもん
テレビドラマで実写の「もやしもん」が始まりましたが、5回まで観たところ、大胆な再構成を行って話を作ってるみたいっすね。

大きな出来事や設定を端折った上で、使えるものは使ってるというか。

例えば春祭を行わずにいきなり樹先生が3人組に惚れ薬(媚薬)をくれたりとか。

季節をすっ飛ばしてるみたいだし、展開が漫画と違って前後してるし。

テレビアニメみたいに沢木と長谷川さんとの仲直りで終わるのかと思ってたんですけど、その辺りで終わるのか終わらないのか。 ていうかどれぐらい続くのかな。

CGで菌達が描かれていますが、マスコットキャラ的な位置づけみたいに感じられるというか、いまんとこ原作の様な上手い菌話の絡み方がないかな~というのが残念なところ。 菌の勉強になる様な部分がすんごい少ない。

菌おかまいなしでドタバタやってる感じかなぁ。

登場キャラの性格もちょい違うし、展開がもやしもんっぽくない感じもしないでもない。

1回30分と短いし、お金もかかってなさそうな感じなのでしょうがないのかなぁ。

1回観たら満足する感じっすね~。(・∀・)

2010/08/14 | Comments(0) | TrackBack(0) | テレビ
テレビとかゲームのお話。
北京オリンピック、開催しましたね。

開会式、観ましたよ。(・∀・)


すごいマスゲームの嵐でした。

de8e2873.jpeg


いくつもいくつも出てきて、あんまり凄いので20分くらいで飽きました。(・∀・)

内容も中国万歳!な感じでちょっと胃もたれ。

途中のピアニストと少女がピアノを連弾してたシーンで、しばらくすると少女が飽きてボケーッとしてたのは唯一の笑いのシーンでしたね。

2008/08/10 | Comments(2) | TrackBack(0) | テレビ

| HOME |
忍者ブログ[PR]