忍者ブログ
おりじん とか ぱと
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」を観やしたん。(・∀・)

※ネタバレあり



一年戦争以前のシャアとセイラの過去を描いたシリーズの4作目。いよいよ一年戦争開戦までが映像化されています。

ガルマを扇動して引き起こした「暁の蜂起」は成功したものの、地球とサイド3の関係はさらに悪化し、責任を負って除隊処分になったシャアは地球で不思議な力を持つララァ・スンと出会う。

時を経て軍に再召集され、MSパイロットとなったシャアは初のMS同士の戦闘に参加。以後、独立戦争開戦に伴い、比類なき力を発揮してゆくーというストーリー。


で、やはりこの話の見所は、月で開戦前に行われたMS同士の初の戦闘シーン。



機動性・近距離戦を重視した設計のブグ・ザクⅠに対し、旧来の兵器設計思想を捨てきれず、中途半端な性能となったガンキャノン最初期型のバトルで、数倍の数の敵を圧倒的な力でねじ伏せるジオン軍MSが熱い。(・∀・)



キシリアじゃなくても、「最高ね。いい夜になりそうじゃないの!」と言いたくなりますな。

パイロットで言えば、戦闘中でも亡命者を殺さず助けようとする人情派のラル、おかまいなしの戦闘狂・黒い三連星、どこまでも冷静なシャアの比較も面白い。



そしてこの結果を受け、開発が加速するRX-78「ガンダム」。



イイヨイイヨーアツイヨー。(・∀・)

漫画と違い、ガンキャノン最初期型はアナハイムの支社が進めた開発計画みたいな感じでしたね。



追加部分として、親父の居ぬ間に開発資料を漁り、ガンダムの知識を身につけていくアムロの描写がありやんした。



これがあったからガンダムを操縦できたんだ!って思えるような。じゃないと「5倍以上のエネルギーゲインがある!」と驚けない。

ジ・オリジンの漫画自体、ファーストガンダムの設定を整理・追加して描いた物でしたが、アニメ版でさらに洗練されていってる印象ですな。

一年戦争開戦前後の熱い空気が感じられました。面白かった。(・∀・)

次のルウム編にも期待。


ってことでお次は。

機動警察パトレイバー REBOOT



近未来、あらゆる分野に多足歩行型作業機械「レイバー」が進出した世界で、レイバーを使った犯罪を取り締まる為に組織された特車2課の活躍を描いた作品が再びアニメ化。

といっても、日本アニメ(ーター)見本市という短編アニメ発表会みたいな所向けに作られた作品らしく、時間は約8分、声優はベテラン2人のみという小規模作品なのですが、期間限定でネットに公開されてるので観てみやんした。

で、感想は。

う~ん・・・予想以上にパトレイバー。(・∀・)



絵にすげー力が入ってて、レイバーの巨大さを感じさせる作り。



全員新キャラクターなのにみんなパトレイバーっぽいし。



全てのキャラを声優二人で演じ分けているのを感じさせないのはさすがベテランか。

ネットで実況する犯人など、ネット社会を感じさせる演出もGood!(・∀・)b



劇場版1作目を思い出させる「BABEL BABEL BABEL」のコメントはちょっと笑った。(=´∇`=)

どうやって一般市民が知ったんだろう。

で、実写版は微妙、だけどまぁアリっちゃアリな作りでしたけれど、このアニメはこのままシリーズ化してほしいぐらいの完成度でした。イイヨイイヨー。(・∀・)


そんな感じの毎回おもろいジ・オリジンと、思わぬ伏兵、パトレイバーの感想どした。
PR

2016/12/21 | Comments(0) | アニメ
おりじんじん
アニメ「機動戦士ガンダム ジ・オリジンⅢ 暁の蜂起」を観ましたん。(・∀・)



一年戦争以前のシャアとセイラの過去を描くシリーズ第三話。

ザビ家独裁の元、独立の気運が高まるサイド3では連邦との緊張状態が続き、事故をきっかけについに市民と連邦軍が衝突する事態に発展する。

身分を偽ってジオン軍士官学校に入学していたシャアは、連邦軍の大規模な兵力が投入される前に基地を叩くべきだと同期のザビ家御曹司・ガルマを扇動するが-というストーリー。

シャアのそばに原作にいなかった新キャラを追加して、復讐に走るシャアの冷酷さをより感じさせるドラマを追加したのはGoodですね。(・∀・)b

歩兵戦の激しさを感じさせる戦闘シーンもGood。スラスターを使って3次元機動をすると歩兵でも未来の戦闘って感じがしますね。

ガルマのかよわいおぼっちゃんな感じもよく出てました。(=´∇`=)

シャアに掴みかかったガルマの取り巻きが、謎のスーパーパワーで吹き飛んでいくのはやりすぎかと思いますが。(笑)

とにかく、原作からの改変部分も含めて良かったでっす。

次で終わりかと思ってたら、なんかルウム戦役編も作られるそうで。ヤッターヤッターヤッターマーン!\(・∀・)/

楽しみでごんす。別にこのまま一年戦争まるごと作ってくれてええんやで。ニヤニヤ ( ̄ー ̄)

てな感じで。


んーで、ゲームはPSPの「イース7」をプレイしてクリヤん。(・∀・)



イースシリーズは赤毛の冒険家、アドル・クリスティンが成し遂げた百余りの冒険についての日誌を翻訳・小説化したという設定のゲームなので、主人公は共通で、冒険する舞台が違うというタイプのアクションRPGにゃのですな。

共通の主人公なだけに、前作で手に入れた強力な装備や、鍛えた体(レベル)はどうなった?とかいうのは言わぬが花か。

特別好きなシリーズというわけでもないのですが、なんだかプレイしちゃう感じっす。

今回は謎の風土病と巨獣に悩まされる「アルタゴ公国」を舞台にアドルが冒険するストーリー。



ゲーム的には、シリーズ伝統のシステムってのはないみたいで、今回は他のゲームシステムの良いとこどりな印象で、すごくプレイしやすいアクションRPGといった感じ。

最近のアクションゲームでありがちなスタミナゲージがないので、とにかくビュンビュン回避しまくりの剣振りまくりでスピーディかつ快適に戦えます。(・∀・)

弓などの射撃武器で攻撃するとシューティングアクションになったり。

特徴と言えば、3人パーティで一人一人に攻撃属性があり、操作キャラを切り替えて敵の弱点属性で攻撃しないと上手くダメージが入らない点でしょうかねー。ボスには関係ないんですけれど。



ボス戦は倒し方がありますが、特に詰まることもなくスイスイ進んでクリアできました。(・∀・)

さすがにラストで、最強の武器防具を仲間全員分揃えるためには数時間ほどかかりましたけれど、レベル上げらしいレベル上げはしてませんし、道中のお金稼ぎは、敵がお金を多く落とす効果がある高額のアクセサリを序盤に頑張って買って身につけてたので気にならなかったのかもしれませぬ。

ストーリーもなかなか良かったっす。満足満足。

そんなイース7。

7月にはイース8が発売予定で期待しているので7をプレイしてみたのですが、プレイしてなかった4・5の内、4のリメイク版がフリープレイでこの前、配信されたので、8発売前にプレイできまっする。

しばらくイース祭りが続きそうです。イヤッフゥー!(=´∇`=)


冷房を入れるようになって、ようやくこたつを片づけたsiestaデシタ。(・∀・) こたつ出し最長記録更新かも。だって掃除がめんどくちゃいんすもーん。

2016/05/25 | Comments(0) | アニメ
さんだー とかとか
なんか暑いし寒いしでホント勘弁してほしい気候の最近ですが、アニメ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の第四話を視聴しみょんた。(・∀・)



フルアーマーガンダムとサイコ・ザクが激突し、サンダーボルト宙域での戦闘が決着する最終話。

原作の第三巻がまるまる映像化されてますね。

当然カットされてる部分も多いですが、取捨選択で話の大筋をよく捉えていて、時間の短さを感じさせない見事な流れで映像化されてて好印象。(・∀・)

主役機同士の激突も高クォリティで描かれていて良いですね。

ただ、欲を言えば戦闘シーンは原作に比べると少しスピード感が足りず、説明不足というか描写不足な感じでメリハリがない気もするので、そこんところが残念な気がしたり。

あとはラストですね。

原作通りになっていて、原作だとその後も話が続くのであれでいいんですが、この話で一応ラストになるっぽいアニメであれだと消化不良な感じがしないでもない。うーん。(*´д`*)

6月以降に予定されている劇場公開で新作カットを追加するっぽいっすから、ちょっとラスト追加したりするんすかね?どうなるんだろ。

だけどこの感じなら宇宙世紀の公式設定の1つになりそうですね。

そんな感じですけど、全編通してハイクォリティで満足しましたよっと。

あ、特典映像はサンダーボルトのアニメ監督へのインタビューが主体で、演出についてのあれこれ話とかでした。監督がちょっとナルシストっぽい喋り方でそれはそれで面白かったり。(´∀`)

スタッフのほとんどがガンダムの一年戦争を知っていて、説明の必要がないので他の事に力を注げた特異な作品って話はなるほどなーってなりました。

てな感じで。


で、ちょいと興味のあったゲームの体験版が配信されてたのでプレイしたり。

PS4「仁王



かつて(今も?)ゲーム情報誌ファミ通の「期待のルーキー」というコーナーで、情報がほとんどないにもかかわらず、最初の発表から10年、ランキング上位に入り続けた謎のソフト。

少ない情報で10年以上期待し続ける熱狂的?なファンがいたのか、ネタやシャレで投票する人がいたのか、はたまたファミ通と開発会社との(略

とにかく、そんな期待のベテランルーキーの体験版が配信されたからにはプレイしちゃうワケですよ。



内容は戦国時代の日本に辿り着いた金髪のハーフ?がサムラ~イになるゲームのご様子。

プレイした感覚は・・・うーん、ダークソウルじゃない?と。システムやバランスがよく似た高難度のアクションゲームで、最初の敵ですら油断してると一撃で致命傷になる攻撃力を持つタイプ。

新システムやアレンジ等は当然あるでしょうが、これ系のゲームは簡単に心が折れるsiestaですから、そっとコントローラーを置きました。(´∀`)

製品版はもちろん買いませんよ!ヒャッホーイ!\(・∀・)/


で、お次は主人公が子供の頃に見た夢、という設定で不思議な世界を冒険する「FINAL FANTASY XV」の体験版をプレイ。



そんなにシリーズをプレイしてないFFですが、今回は好物のアクションRPGらしいのでちょっと気になってます。



んでプレイした感じは・・・まぁ普通っぽい。

グラフィックのクォリティは高く、場面によっては綺麗ですが、今んとこ驚くほどでもない感じかな。

それよりFF独特のとんがった(キャラのヘアスタイル含む)世界観に期待、ということで。


あと、基本無料でPSO2がPS4に配信されていて、オンラインモードのチュートリアルをプレイしてたのですが、途中で急にバツーン!とブラックアウトして「これ以上はインストールが進まないとプレイできません」とか言われちゃって、ダウンロードリストを見たらPSO2は「40ギガ」も容量があって、その時点で半分もダウンロードが終わってなかったので断念したというお話。(´∀`)

とんでもねー容量になってるんですな、あれ。

まぁ最近はネトゲをプレイしても積極的にフレンドを作ったりギルドに入ったりもしないので、PSOをプレイしたところで・・・という感じがしなくもないです。

でも時々ネトゲをプレイしたくなっちゃう不思議。(・∀・)


んにゃ感じの趣味日常。

近づいてきた定例の地区の溝掃除に戦々恐々となっているsiestaデシタ。(・∀・) コンクリの蓋が難物。

2016/05/12 | Comments(0) | アニメ
さんだーだー
買ったばかりの電子書籍リーダーに新型発表の噂が?!うぐぶふわぁ (*´д`*)

半年は新型が出ないと思ってたのにぃ!

と、思ったらハイエンドモデルの新型のようで。こりゃ関係ない。

ってことで、「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のアニメ第三話を観たので感想っす。



一年戦争のサンダーボルト宙域を巡っての戦闘が相譲らない総力戦となり、連邦側に少年兵が補充され、ジオン側はいよいよサイコ・ザクが起動する第三話。

原作同様、あっけなく散っていく命の描写は歴代ガンダム ナンバーワンのエグさと悲しさを感じさせます。追い詰められて薬に逃げる描写とかね・・・。

少年兵の戦場での混乱っぷりは映像で観ると原作以上に良いですね。

連邦側主人公・イオの少年兵に対する演説もやっぱりすごく良い。(・∀・)

全体としては本当によく18分という短い枠に収まってるなーという感じなのですが、個人的には連邦・ジオン両陣営の母艦がやられるシーンはもうちょいゆっくりじっくり描いて欲しかったところ。時間的にしょーがないんすけど、そこんとこだけ残念。(*´д`*)

次回はついにフルアーマーガンダムとサイコ・ザクが激突する最終回。

このクォリティで描かれる戦闘と、一年戦争公式の歴史とするならラストをどういじるのか、それともそのまま良い感じに切って終わるのかが楽しみな感じっす。(=´∇`=)

特典映像はガンダムの原作・原案として富野監督と名を連ねる「矢立肇」へのインタビュー。

といっても特定の人物の事ではなく、サンライズの企画部が用いる共同ペンネームという事で、複数の人物がいるようで。

Zやポケット、08小隊を企画した時の話で面白く聞けましたん。(・∀・)



ひょんでガンダム漫画も発売されてましたん。

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 12巻



シャアが!ネオ・ジオン総帥となっているキャスバルががっつり登場してる!\(・∀・)/

「ザビ家の復讐装置」へと導く宇宙に打ち上げられたザンジバルを巡り、シャアの率いるネオ・ジオンも争いに加わる12巻なんだんすけどね。

シャアが渋い。ヒゲのじっちゃま、ホルストが有能。

これまで少しずつ語られてきた、なぜ主人公のレッドが旧ジオンのエースパイロット、ジョニー・ライデンと言われるのかの謎がまた少し明らかに。といっても、確定と言えないところが憎い。(・∀・)

メカ的な見所はラストに出てくる、部分的にジェガンであったりジムⅢであったりナイトシーカーっぽかったりするMSですかね。



設定的には最新鋭の機体部品でアップデートされた複合機らしいですが、かっちょえーわー。ビルドファイターズやわー。

でもそれってヴァンツアーの様な共通規格ならともかく、専用規格の物を継ぎはぎしてたら整備が大変でOSとかもえらいこっちゃになりそうやなとか思ったり思わなかったり。

そんでそれ以外だと、アーガマ級を宇宙へ打ち上げるためのブースターが素晴らしい。

やっぱり巨大ブースターには漢の夢が詰まってます。(=´∇`=)

ひょんな感じ。


他には、「機動戦士ガンダム アナハイム・レコード 2巻」が発売されてまんた。



ZZのFSWS、ジェガン、ニューガンダムやサザビーなどの開発の裏側やアナハイム社の駆け引きなどを描く第2巻。

それなりに面白く読めましたが、これで終わりなのかネタ切れなのか、後半がイマイチでまとめに入ってる感じですね。

あと、逆シャア時代の裏側をこの巻では描いてるのでシャアが出てくるのですが、ジョニー・ライデンを読んだ後だと少々辛い。(*´д`*)

 

この作者の描くシャアはこんな感じだったなーと思いつつも、アニメに近いのはジョニーの方なので違和感があるというかなんというか。

漫画としての密度というか、ストーリーやキャラの濃さ・面白さはジョニーの方が圧倒的に上なだけに同じ時期に読むと比べてしまってどーにも。

だけどこの作者のガンダム漫画は嫌いじゃない。てか、昔のオリジナル設定のガンダム漫画は面白かったのです。(・∀・)

なぜかこの漫画の話の合間に昔のオリジナル設定MSの解説があって、やっぱり良かったのでそれで新作が読みたい気もしてるんですが。無理か。


ほーいで、アニメのオルフェンズも第一期の放送が終了してましたね。秋に2期やるみたいで。

そこそこ面白かったのですが、世界や話の大きな流れとしてはほとんど何も変わらずに終わった様にも思えて、24話やったのに12話くらいのストーリーの進み方に思えたりして。

実質世界を支配しているギャラルホルンを金髪さんが変革する為の地ならしが第一期で、第二期ではガラッと世界が変わるという流れなのかもしれませんが・・・同じ様に分割4クールで放送したダブルオーの第一期に比べると一旦ストーリーを終わらせるカタルシスっていうか、気持ちよさ的なそういう物が薄かった様にも思えて。

でも全体的にクォリティが高かったので二期に期待。(・∀・)


んで最近は朝からユニコーンがやっとるんすね。

OVAを上手く切って再構成してるんですかね?

これはこれで楽しみっす。(・∀・)


ほんにゃ感じのガンダムガンダム。

アニメ・漫画とガンダム祭りで密度が濃くて、こんなの体験しちゃったらsiesta、ガンダムがないと満足できない体になっちゃう!と思わなくもないですが、他のロボや戦艦と戦闘機と戦車があればそれなりに生きていける気もする最近です。(・∀・)

2016/04/13 | Comments(0) | アニメ
さんだー の に
機動戦士ガンダム サンダーボルト」のアニメ第二話をしちょおん。(・∀・)



一年戦争末期の元サイド4宙域、通称「サンダーボルト宙域」における戦闘を描いた漫画原作のアニメだす。

今回はフルアーマーガンダムが暴れまわり、ジオン側の戦力が削られていく中、MSを手足の様に動かす事が可能になるリユース・P・デバイス搭載のサイコ・ザクが出撃するまでのお話。

いやぁ、相変わらず映像が美しい。(=´∇`=)

お話の流れも短い尺用に整理されて見やすくなっていますし、戦闘内容も漫画よりドラマチックに変更されている部分もあり。

連邦側の少年兵や一般兵のエピソードは時間が短いからカットするんですかね?それとも3話に入れてくるのか。

ちょいグロシーンもありつつ、やっぱ大人向けガンダムって感じがしますねぇ。

1~2ヶ月に1話のペースで公開されるので興味が途切れないのがいいっすね。

次も楽しみ。(・∀・)

ちなみに特典映像は、これまでのガンダムアニメのキャラクター造形について、キャラクターデザイナーさん達にインタビューしたり解説されてたりで、ちょっと濃い目のお話でした。



話は変わって、PS VITA TV生産終了 & 販売終了ってニュースが飛び込んできたっすね。



VITA自体は現役バリバリなのに、なんだかよくわからない「一定の役割を果たした」という理由での販売終了で、体裁を気にする大人のコメント臭がプンプンするのですが、まぁタッチパネルなどが非搭載でVITAソフトの多くがプレイできない or 対応しても操作性が悪いので、別の用途が見えてないと使い辛い機械ではあるのでしょーがないかなぁという気持ちもあります。

ネットワークレコーダーのnasneを管理する機械としては便利だそうですが。

これを機に携帯機のVITAを買って、フリープレイの配信とか購入したVITAソフトを100%の操作性でプレイする事も考えたりしますが・・・今んとこ強烈に惹かれるソフトがないんだよな~。うーん。ま、いっか。


あと、プロバイダのOCNが6月から固定回線で混雑すると通信量の多いとこからスピード制限しますよニュースが流れてびっくり。

詳細は明かされてないみたいですが、今でも隼+OCNやOCN光でゴールデンタイムに遅い遅いと悪評が立ってるみたいですけどどーなるんすかね。緩和される?

来年末のBフレッツ終了までに、次の契約をしなきゃいけないのですが、悪評がかなりあるのでOCNのまま次のサービスに移っていいのか不安になってくるんすよね~。

料金が安くなると宣伝してても、複数年契約で安くなるって事ですし、遅いから契約中に解約しようとしたら違約金とられるとかどーとかめんどくせいせい。

契約者数に対して設備が貧弱なのか、動画視聴とかクラウドでのデータ保存とか諸々で通信量が一昔前に比べて段違いに増えてるのかなんかよくわかりませんが、こういう話ってよく聞くようになったなぁと思ったりもして。

とりあえず、今の回線速度より遅くなったり、最悪ネトゲがやれなくなるのはやだなぁという感じ。(*´д`*)

思えばhuluとかyoutubeのHD画質の動画とか、GYAO!でアニメを観たりもするし、ゲームはギガ単位のダウンロードも珍しくなくなってるし、PS now!などのストリーミングでのゲームプレイなんかもあるし、使ってない様に見えて結構ヘビーユーザーかもしれんので、契約変えて制限がかかったり、観れない・使えなくならないかが心配ですね。

しばらく様子見かなぁ。それとも一か八か・・・うーん。

ふんにゃかほんにゃか。



遅いと言えば、あまり使わない所で通販してみて、普段、ヨドバシとかamazonの配達スピードに慣れてると、他の発送まで数日かかる通販が激遅に感じてしまったsiestaデシタ。(・∀・)

2016/03/04 | Comments(0) | アニメ

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]