忍者ブログ
ういんぐ とか ヴぃだ
ひさびさに作ったプラモの記録でも。(・∀・)

で、作ったのはこれ。

SDガンダム  EX-STANDARD ウイングガンダムゼロ EW



なんかSDガンダムの新しいシリーズみたいっすね。(・∀・)

可動域がアップして、武器パーツなどがHGシリーズと互換性があるとかどーとか。

ま、とにかくパーツ数は少ないだろうし、塗装も最小限で気楽に作ろうってな感じで。



おーやっぱ新シリーズとはいえ少ない。

だけどシールを使わずに作ろうとすると、色を塗る部分は結構多いですねん。

てなワケでパチパチ塗り塗りして完成!!\(・∀・)/





腕とか腰アーマーの白を塗らなきゃいけない部分は、新ガンダムマーカーの白を使用。なんか隠ぺい力がアップしてるんですって。(・∀・)

確かに数回塗ったら綺麗に白くなったような。でもペンのままでなく、筆で塗った方が良かったような。



塗り分けがヨレヨレになってる部分が多いような。カメラ部分の色がイマイチなような。ようなような。ふーむ。

あとは今回、アクリル絵の具を豪快にはみ出しつつ塗って、後で爪楊枝やカッターで削って修正するやり方にしたのですが、色がうっすら残っちゃったりパーツにキズがついたりでイマイチだったなぁ。

まぁ色々と思う所はありますが、とりあえず完成!満足!ってな感じで。(・∀・)


いやぁでも良かった。なんとか満足のいく形で終われて。

実はちょっと前、HGの「ガンダムヴィダール」を作ったのですが・・・



騎士っぽいガンダムなので、パッケージイラストっぽくメタリックに仕上げてやるぜ!と意気込んで、アクリル絵の具のメタリック色を買い込み、



パパーンと作って、



一旦、分解して下地色を塗った後は



オラオラオラー!!とメタリックに塗りたくったんですが・・・




ん~なんか思ってた色が出ないなぁ~と不満になり、昔買った「アクリル絵の具除去剤」を見て、これって塗装をやり直したりできんのかな~と塗り塗りすると・・・と、溶けた! プ・・・プラが溶けた! ( ゚д゚ )

あれ?もしかしてこれ普通のシンナーか!?

や・・・や・・・や・・・






シュバフィンッ!  三三 つд`)

というワケで、とてもお見せできない状態になったヴィダールを握りしめ、心にキズを負ったsiestaはしばらくプラモを作れなかったのどすどす。

なので今回はリハビリSDなのどした。

でもあれっすね、SDは簡単に作れて良い反面、細かい部分の塗り分けが必要なので、塗装の難度が高い部分があるかもですね。

ラインナップ的にはHGなどにはない、戦国シリーズや三国志シリーズがあって魅力的ですが。

さて、次回は何を作りましょっかねぇ。(・∀・)
PR

2017/05/02 | Comments(0) | プラモデル
ばる とか みず
主に鈍器で殴り合う熱いバトルが繰り広げられているアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ですが、途中のプラモCMを観てプラモ作りたい熱が再燃したので作ってみることにしまふた。(・∀・)

ガンダムバルバトス ルプス



主人公が乗るガンダムの最新型でおます。(・∀・)

初期型より装甲の形状が若干シャープ?になり、武器の形状もメイス系からソード系の鈍器へと変化。

だけど名前は「ソードメイス」。ワォ!わけわかんねー。\(・∀・)/

で、この世界では過去の大戦中に少数生産された「ガンダムフレーム」というMSの骨格が別格の戦闘力を持つらしく、このバルバトスはアニメではフレーム以外の装甲や武器をとっかえひっかえしながら戦っているのですが、プラモもHGながらMGの様にフレームが再現されていて、メカっぽさがええ感じに出とります。



フレームを囲む様に装甲があるのが素晴らしい。

ひょいでパチパチ、塗り塗りして完成でっす!\(・∀・)/





おぉ~なかなか良いガンダムだすなぁ。ちょこちょこ見えるフレームがいい。

ちなみに合わせ目消しなどのめんどっちい作業はパスしてまふ。(´∀`)

銀のペイントマーカー+セラムコート(アクリル絵の具)で色を塗っていきましたが、白色だけはムラが出るし色が出にくいので胸と頭を塗った辺りで断念して他はプラのままにしてます。

トップコートのつや消しを吹いてみましたけど、白部分のプラっぽさがあんまり消えなかったなぁ~と。うーん、改善の余地ありですな。

それと黄色部分は主に黄色+金色の混色で塗りましたけど、胸ダクトの黒下地→金色のやり方で全部塗った方が良かったなと。

装甲の裏を黒で塗るのはいい感じになりますな。

ソード部分の鉄っぽさ表現は納得いかないので要改良か。



ふむぅ。で、関節部分は動かすとどうしても擦れるので色が剥げますな。他も擦れるとヤバい。

まぁ塗膜の弱いアクリル絵の具をプラの上に直で塗ってますし、どーしようもないっか。

塗料や工作での対策は色々あるみたいですが、そういうのをやらずにできるだけ無臭無毒の塗料を使い最小の手数で満足するレベルのプラモを作りたい欲求があるので、動かして遊びたいなら塗装はしないか最小限にすべきなのかなという話に。

ガンプラはポーズをつけて遊びたい。でも満足するくらい色も塗りたい。

その辺りのバランスをなんか考えたいところ。(・∀・)




そいでもいっちょ。



ゴトリッ



「ターゲットは伝えた通りだ・・・こいつで殺ってくれ。」

「・・・。報酬は指定した口座に。」



なんつって。

100円ショップの水鉄砲をアクリル絵の具で塗ってみました。(・∀・)



以前、友人から「ナーフ」という鉄砲の玩具をペイントしてリアルな感じにする遊びを教えてもらって興味があったのと、最近はコスプレの小道具作りで100円ショップグッズをペイントしたりするっていうのをネットで見て、siestaもやったろーやんか!となりまして。\(・∀・)/

水鉄砲を一旦全部黒に塗って、鉄部分は銀でうすーく重ね塗りし、木製部分は茶色をうすーく塗り重ねてムラをわざと残すとあら不思議、ちょっとリアルな拳銃に。



まぁでも実物は写真ほどのリアルさはないんですけどね。なんかいい感じに写真が撮れた。(´∀`)

なかなか面白い遊びですね。塗装の練習になりますし。

また何か塗りたいっすね。


「何か工作で作りたい」というより「何か色を塗りたい」という欲求の方が強いのかもしれないと気づいてきたsiestaデシタ。(・∀・) ヌリヌリシタイ!

2016/11/30 | Comments(0) | プラモデル
ろでぃ
ゲームじゃゲーム!とウヘウヘしてた横で放置されてたプラモデル。

これと



これですね。



ヤマトの方はどーでもいい感じなのでまだまだ放置する気満々ですが、マンロディの方は気になったので完成させみょんた。

ほいよっと。



 

作ってみると、丸っこくて両手で包んでギュッとしたくなるよーなデザインですな。(・∀・)

セラムコートっつーアクリル絵の具で筆塗り+パステルの黒をこすりつけて重量感を出そうと頑張りみょした。

いや、言うほど頑張ってないかもしれませんが。ちょちょっとやってみました。ちょちょっと。

んでツヤ消しな色合いだったのですが、その上からトップコートの半光沢を吹いたので、ちょっとテカった感じ。

色はオリジナルも考えたのですが、あまり良い案が浮かばなかったので、設定に近い色合いで。

ちなみに設定通りの例はこちら。



そんでも地味は地味なので、バーニアの裏を金色で塗ってみたり。



OH!ワンポイントアクセ~ント。おシャレの基本ですね!(よくわからない)

セラムコートでもシルバーとブラックを混ぜるとガンメタルっぽくなるんですな。

ちなみに装甲の裏とかはめんどくちゃかったので塗ってません。むひょひょ。(=´∇`=)

合わせ目消しとかヤスリがけもめんどくちゃいのでパチ組みだし、サーフェイサーを吹くのもめんどくちゃいので、プラに色を直塗りです。楽ちん!ウヒャッホゥ!\(・∀・)/

siesta的には満足してるし、こんな感じがいいのかもわからんね。

ただあれっすね、白系の色はそのままでも混ぜても隠ぺい力が弱いので、なんとかしなきゃいけないかもです。ムラッムラになりもうす。次回の課題か。シルバーもそうだなぁ。

今回は地味な色だったので、次のプラモは派手な色を塗りたいってのもありますな。

なーに作りまひょっかのー。(あえてヤマトから目をそらす)

2016/02/17 | Comments(0) | プラモデル
ぬりじゅんび
ここ最近は「うぇへへへ ふぉ ふぉーるはふとぉおお はふとぉお」とヨダレ垂らしながらプレイしてるのですが。

レア装備をゲットしては期待した性能じゃなくて舌打ちする毎日なのですが。

ぷりゃもも塗りたくなってきたワケで。

地元の手芸店のセールで買うより、送料込でネットで注文する方がまだ安い謎のアクリル塗料・セラムコートの新色も届いてるワケで。



塗りたくなったら寒波が来てやる気が削がれるタイミングの悪さは一応置いといて。

色々プラモに塗って、塗料のクセを確かめたいのですが、丁度良い失敗しても気にしないプラモが部屋にない!

なので買ってきました宇宙戦艦ヤマトの旧キット達。



1つ500円くらいなのに大きめという試し塗りにGoodなプラモ。(・∀・)

接着剤が乾燥したらぺったこぺったこ塗っていきませう。


んで、も一つついでに買ったのが、最新ガンダムの鉄血のオルフェンズより「マンロディ」。



うっひょ~!このガンダムっぽくないSFロボっぽさがたまんねー!(・∀・)

ガンダムじゃなくて量産機を最初に買ってしまうのがsiestaクォリティ。

売れないのかセールっぽく安売りされてました。嬉しいけどなんでや!かっこええやんか!\(;´Д`)/

なんかヤマトじゃなくてこっちを作って塗る方が楽しそうな気がしてきた。うーむむむ。


で、アニメとしてのオルフェンズは丁寧な作りで人物も世界観もよくわかるし、良作と言えるのではないでしょーか。

強烈に惹かれる魅力はないですが、MS戦闘も丁寧な描写だし、殺伐とした雰囲気もGoodです。


あ、で、プラモといえばプレミアムバンダイからこれが届いてたんだった。

ターンエーガンダム シン



模型誌ホビージャパンのガンダムビルドファイターズの企画で、プロモデラーが作ったターンエーガンダムがキット化された物。



セイラマスオという方で、siesta好みの独特のディティールを追加し、塗装は筆塗りで美しく仕上げる凄腕モデラーなのですが、その方の作品が手に入るとなったら買っちゃうじゃなーい!\(・∀・)/

でもこれ限定プラモなので、もったいなくて作れないなぁ。

中身見てニヤニヤするだけになりそうです。(=´∇`=)

しょんなプラモ日常。



ふほーんで、マウスが壊れたのでノートPCで使ってたUSB接続のマウスに換えたのですけれど。

なんかUSB3.0ポートとの相性問題か挙動が怪しい。(*´д`*)

他に空いてるポートもないので、PS/2端子に接続するためのアダプタを家電量販店で探したんですけど、これがねーでやんの。

売り場は全部USB接続のマウスしかないし、そっかー、もうPS/2は終わった規格なのだなぁと寂しい気持ちになったり。

デスクトップにはまだあるけど、今のノートPCにはついてないっすもんね。

だけど終わった規格のアダプタでも売ってるのが、みんな大好きネットショッピング。

早速注文して届いたアダプタをつけたら正常に動作していまんす。



良かった良かった。でも最後のアダプタになるかもなー。


実店舗の売り場って、今の主流以外はバッサリ切り捨てるお店が多いのでわかりやすい反面、栄枯盛衰を感じて寂しくもなるなーと思ったsiestaデシタ。(・∀・)

2016/01/21 | Comments(0) | プラモデル
あくりる
なーんか暑さ寒さが交互にくるような季節になってきたので、これはプラモ作り(塗装)にぴったりの季節到来か?!ということで再開してみることに。

ちょーど新しいガンダム始まったしね。(・∀・)

主人公が火星の民間軍事会社に所属する少年兵とゆー、めっさ鉄と硝煙の臭いのする世界観でハードな物語っぽいのでイヤッフゥです。\(・∀・)/

いずれプラモ買わんと。ガンダムより敵の量産機の方が気になるんすけどねー。


あ、で、再開はしてみるものの、塗装は体に有害な塗料や溶剤を使うので必須なのが換気でありまして、塗装後も用具の掃除や乾燥のためにある程度の時間が必要になるという難点がありますね。

さらに、すぐに冬が来て寒さに弱いsiestaは小動物の様にガタガタ震えて窓を開けてられないし、夏は夏で冷房がないと生活できない現代人ですので窓を開けて汗ダラダラで塗装する根性はないのです。(自信満々に)

じゃあすぐに過ぎる秋や春しか塗装できない?そりゃあんまりやでぇ、姉さん。やる機会少なすぎて趣味と言われへんがな。

だけど換気が・・・ん? あ、そうだ、塗料を変えよう。

絵の具使っちゃおうかな。ほぼ無臭だし換気もそんなに必要なさそうだ。


というワケで実験台となったのはファーストグレードのガンダム。色分けされてない昔ながらのガンプラっすね。

で、家に置いてたアクリルガッシュという絵の具で、まずは全部黒に塗って下地色を作り・・・



テケトーにマスキングして筆塗りしたりエアブラシで吹いてみたり。



さらにウェザリングマスターとかでテケトーに汚しながら、なんじゃかんじゃで完成!



おーいいじゃなーい。(・∀・)

色分け部分がヨレヨレで一部エアブラシ塗装が飛び散ってるけどいいじゃなーい。(笑)

アクリルガッシュは不透明かつ隠ぺい力が強いので、下地の色はあんまり関係なかったんですが、塗り残しは黒になってごまかせるので無駄じゃなかったっす。(=´∇`=)

色合いは全部ツヤ消しになるんすね。トップコートを吹いたツヤ消しとはまた味わいが違って、プラモっぽくない妙な立体感が出る感じ。

あ、そういやトップコートも臭いので吹いてないな。

そのせいか塗膜は激弱で爪でちょぴっと引っ掻くだけでゾリッと剥がれますので、関節部分を動かした後なんて見たくなくなるのですが、そーいやアクリル絵の具を金属やプラスチックに定着させる下地材で「メタルプライマー」っていう溶剤を昔に買ったことがあったなぁと出してきて、ファーストグレードのシャアザクに塗ってみると。



う・・・うぐぅ・・・めったくた臭い・・・しかもプラモが溶ける・・・。(*´д`*)

なんじゃこれ!えーと、成分の半分くらいが「トルエン・キシレン」?

わーお!一般的なシンナーじゃなーい。そりゃ凄まじく臭いしプラは溶けるし引火性はあるし中毒性もあるし金属製の頑丈なフタもついてるわ。えらいこっちゃやわ。

体感的にはプラモ用ラッカー系塗料のうすめ液よりキツい臭い。体により悪そう。

こりゃタマらんと即行で処分しようとしましたが、普通に捨てたら環境汚染だし、結構な量があって新聞紙などに染み込ませようにも大変で乾燥後も臭って面倒だしで、個人で処分するのは断念し、それ系の業者の知り合いに頼みました。orz

こんなのが普通に売られてるとか、画材というのも半端ねー。

まぁ絵の具といっても子供向けに作られた物以外は有毒な物が普通にあるそうですし、有毒表示のない物であっても体につかないように注意が必要だそうですけれど。

しっかし、体や環境に優しい塗装をしようとしていたのに、下地に使ったのが今迄以上に体や環境に悪い溶剤だったというこの矛盾。まったく素晴らしい。ヌハハハハ (・∀・)


そんでメタルプライマーを塗りたくって中毒になりそうだったシャアザクも乾燥してきたので、早速ちょろちょろ筆塗り開始。



うーん、色がのりやすくなって・・・るのかなぁ?ビミョー。

ですが絵の具を使った筆塗り塗装というのはプラモ用塗料ほど換気を気にする必要もなく、エアブラシの片づけの手間もないし、「そうだ、塗装しよう」でサッと始められてサッと終われる、このお手軽さが半端ない。(・∀・)

アクリルガッシュは20分程度で乾くので、重ね塗りしやすいのもGood。(・∀・)b

質感、定着性やスミ入れ方法などにはまだ改善の余地ありですが、これはsiestaに合ってるかもですよ。

しばらくこのやり方でプラモの山を崩してみたいと思いまふ。(=´∇`=)


今期は観たいアニメがほとんどねーなーと思ってたら、「おそ松さん」が暴走パロディ連発で思ったより面白かったsiestaデシタ。(・∀・)

2015/10/28 | Comments(0) | プラモデル

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]