忍者ブログ
ぴくせる
前からちょっと気になってた映画を観やんした。(・∀・)

ピクセル



過去にビデオゲーム世界大会の様子などを含めた映像を、未知の地球外生命体へ向けて地球の大衆文化を知ってもらう為にロケットに載せて宇宙へ送りだした人類。

しかし受け取られたそれは宣戦布告という誤った形で解釈され、当時のゲームキャラに扮した地球外生命体が地球に襲来し世界はパニックに陥る―といったストーリー。


80年代のアーケードゲームをテーマにした映画で、ドット絵の雰囲気を残したCGで巨大に再現された過去のゲームキャラ達と、ゲームルールに沿って戦う凄い映像になっちょりまんす。(=´∇`=)



古さと新しさが融合した感じが新鮮で、迫力があってイイ!!

こーゆーゲームキャラ視点で過去のゲームの中に入り込むのってVRとすげー相性良さそうなんで、VRでこんなゲームがあったらすげーやりたいんすけど。(・∀・)



と、VRを体験していない人間が言ってみるテスト。いやでもマジで良さそう。(・∀・)

ちなみに登場するゲームはパックマンやギャラガなどの有名どころもありますが、アメリカで作られた映画という事で、海外製で日本ではマイナー?と思われる作品もかなり登場するので、結構マニアックな印象を受けました。

siestaは移植された物をプレイした事があったり、プレイ動画を観たり、古いゲーム漫画を読んだ事があったりで、なんとかわかるっていう感じ。

メイキングでは製作スタッフだけでなく出演者も当時のゲームの思い出を語り、ゲーム好きなのが伝わってきて嬉しくなったのですが、まさかヒロインの口から「魂斗羅(CONTRA)」という言葉が出てくるとは思わなかった。ゲーマーですのぉ~。(=´∇`=)

でもやっぱ、改めてこの時代のゲームって独特な雰囲気があっていいなぁって思いましたです。


ひょいで映画内容はアメリカらしいコメディで、地球が侵略されるかどうかのシリアスな状況にも関わらず終始クスッと笑える感じなので、最後まで飽きずに見れました。

良い映画でござったよ。\(・∀・)/
PR

2016/11/16 | Comments(0) | 映画
かぞく とか だいがく
つきあいで邦画の「家族はつらいよ」を視聴。(・∀・)



「熟年離婚」がテーマで、長年連れ添った妻に突然離婚届を突きつけられた頑固親父とその家族のドタバタ劇です。ところどころクスッとする笑いどころがある感じ。(・∀・)

全編通して昭和っぽい雰囲気の映画ながら、「団塊の世代」の悪いイメージを凝縮した様な夫とそれに耐えられなくなった貞淑な妻の構図がリアルで、昔は世間体が悪いから別れないとか、「何があっても添い遂げる、耐える」という様な夫婦像があったと思うんですが、今は嫌になったら別れる自由な時代なんだよなぁとぼんやり価値観の変化について考えちゃったり。

結婚といっても時間が経つと「男女」から単純に「人間と人間」の関係になり、合うか合わないか、どちらかが耐えるんじゃなく、お互いが譲歩し努力して共同生活をしていけるかどうかになる、ということなんでしょーか。

あと、次男の婚約者の「私の両親はこんな家族会議をせずに離婚したから羨ましい」というセリフがありましたけど、たまに「実家に帰ったら相談なく両親が離婚してた」なんて話も聞く現代、家族の繋がり自体も昔に比べて薄まってきていたりするんですかね?

劇中の様にぶつかり合いながらもワイワイ賑やかに過ごしている生活がどこか懐かしく、古臭く感じてしまうのは個人の感覚なのか時代の流れなのか。

まぁとにかく、映画自体はコミカルに描かれていて楽しい作品でしたよっと。(・∀・)


んで、これも特に興味がなかったけど薦められて読んでみた小説。

ホームレス大学生



お笑い芸人、麒麟・田村の、借金で家族がバラバラになった中学生時代を描いて大ヒットした「ホームレス中学生」を、当時大学生だった兄の視点で描いた作品ですね。

急に一家の長として兄弟の面倒を見る事になったプレッシャーと不安、しかし家もなく自分自身の生活すらままならない不甲斐なさなど、お兄さんはお兄さんで大変な苦労をしたという様子が描かれています。

結果的に周りの親切な人達に助けてもらって、兄弟一緒になんとか暮らしていけるようになるのですが、体育教師の夢破れ、芸人としてやっていく夢も弟に譲り、支えてくれた彼女とも破局し、妹と弟が独立して抜け殻の様になる辺りが・・・なんとも言えない切なさ。(*´д`*)

燃え尽きたというかなんというか。

こんなん、甘ちゃんsiestaだったらどうなってたかわからんですよ。(*´д`*)

だけど人の優しさや根底にある母への感謝がよくわかる、良い話でした。

しょんな感じで。

たまには興味がない作品を観てみるのも良いですなー。

2016/10/12 | Comments(0) | 映画
すとすと
たまにゲーム好きの間で話題にのぼる映画がテレビでやってたので、録画して観てみまんた。(・∀・)

ストリートファイター



コスプレ映画との評判通り、ガワだけはなんとかストリートファイターにしようとしてるものの、中身はごくごく普通のアクション映画で、ストⅡ関係ねへへぇぇえええ!!!という代物でした。(・∀・)

必殺技はガイルのサマーソルトキックなど、現実にできそうな技のみそのまま観られましたが、CGなどを使わないと映像にするのが難しい波動拳などの派手な技は単純化してそれっぽい型のみで表現してるみたいです。



そんなリアリティ、求めてねへへぇぇええええ!!

逆にバイソン将軍(ベガ)の空飛びパンチのスピードの無さは脱力ものでリアリティ以前の物でしたが。



もしかしてあれがサイコクラッシャー?! いやいや、まさかな・・・。

大事な場面でもゲームそのままの必殺技が出なかったのは、多分、伝説のストリートファイター1並みの入力のシビアさで技が出せなかったんでしょうね。みんなまだ自キャラの操作に慣れてなかった。そうとしか考えられない。

技を思った様に出せないのはsiestaも一緒なので、その意味では親近感の湧く映画ですネ!(はぁと

まぁとにかく、ストⅡの映画として観るとコレジャナイ感は半端ないレベルですが、人体実験で捕虜の軍人が徐々に(安っぽく)ブランカに変化していったり、戦闘中の敵基地で「負傷時の治療代は各自の保険で賄ってください」とかセコいアナウンスが入ったり、ザンギエフがバカ設定だったりと、クスッとする部分はあるのでそれなりに楽しかったでっす。(・∀・)

しょんな感じの感想どした。


今一番楽しみな漫画の「げんしけん 二代目」がアフタヌーンの来月号で最終回ということに驚きとショックを隠せないsiestaデシタ。(*´д`*)オーマイガー

2016/07/28 | Comments(0) | 映画
ぱとえい
huluで「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」を観ましたん。(・∀・)



実写版パトレイバーシリーズのラストを飾る映画ですね。

自衛隊で開発中のステルス攻撃ヘリが強奪され、レインボーブリッジが攻撃されて混乱に陥る首都・東京。

テロの背後には過去に”幻のクーデター”を演出した柘植行人のシンパがいるとされ、公安から協力を依頼された特車二課が動きだすというストーリー。

・・・なのですが。

なんというか、これまでの実写版で感じていた焼き直し感がこの映画でも感じられ、一応、アニメのパトレイバー劇場版2作目から続くストーリー内容なのですが、劇場版2とオーバーラップする場面が非常に多く、劇場版2を実写で撮り直したらこんな感じですよ、という風にも見えました。



それと光学迷彩が施された攻撃ヘリが首都を襲い、それをパトレイバーが迎撃する、というのは過去に発表されたパイロットフィルムの設定のままで、映画で新たに考え出されたオリジナル部分が薄く感じられたかな。

あと、アニメ劇場版2では事件による混乱の裏で、犯人の柘植と特車二課隊長、南雲・後藤の複雑な関係と心情が描かれていたからこそ面白かったワケですが、この映画の登場人物達は治安を守る立場だから動いてるようにしか感じられず、犯人側も謎のヘリパイロットぐらいしか存在感がないので、劇場版2に比べると薄味でつまんなかったかもかも。



単純に派手なドンパチがある映像作品として観るならば、それなりに楽しいのですけれど。(・∀・)

で、シリーズ全てを観終えたのですが、実写版パトレイバーはアニメのパトレイバーの続編という位置づけではありましたけれど、人物設定その他がアニメと似すぎているし、ストーリーも焼き直しに感じられる物が多く、続編としては正直微妙に思っていました。

だけど改めて考えると、以前に少し語られていたように、この実写版という奴は監督の押井さんが過去にアニメ版の企画・制作時に感じていた「本当はこうしたかった」という積もり積もった不満を発散させるために改めて構築し直した、監督の理想に近い(初代)パトレイバーという物だったのかもしれません。



リメイクではなく、続編としたのは「レイバーなんて使えないもの」と言ってる監督にとって、レイバーの衰退した(出てこない)世界や特車二課がお荷物部隊という要素が強調できるなどなど、色々やりたい様にできるしファンの興味を引けたからそうした・・・のかな?大人の事情?

だとすると色々納得できるし、焼き直しでもしょーがないんじゃないかと。(と自分に言い聞かせる)

プラス、別にパトレイバーじゃなくてもよかった、監督らしさ全開のやってみたかった話を混ぜた感じを受けたので、監督的には大満足だったんじゃないですかね、このシリーズ。

色々考えても感想は「微妙」からビクともしないんですけどね。えぇ。

まぁとにかく、そんな感じの勝手な解釈で観終えた実写版でごじゃりました。(・∀・)


パトレイバーに限った話ではないのですが、人気のあるクリエイター作品のレビューを見ると、クリエイターのファン(信者?)の感想と、クリエイター評価は関係ない作品自体の感想が入り交じってなんともややこしい時があるなぁと思うsiestaデシタ。(・∀・)

2016/07/19 | Comments(0) | 映画
まーにー
金曜ロードSHOW!でスタジオジブリ作品の「思い出のマーニー」を視聴。



とある事情から心を閉ざした少女・杏奈。

夏休みの間、喘息の治療も兼ねて海辺の村を訪れた杏奈は、入江の洋館で不思議な金髪の少女・マーニーと出会い、交流してゆくーというストーリー。


観る前は思春期の女の子達が年頃らしい悩みを抱えつつキャッキャウフフするアニメかと思ってたら、かなり重い悩みを抱えてのキャッキャウフフで、ラストの展開が良かった。(・∀・)

だけど、ジブリ作品としての期待を持って観るとちょっと物足りないというか、視聴後の感覚が爽やかすぎるような気がしないでもなく。

ジブリっぽさっていうか、宮崎・高畑監督作品の様なレトロな人間臭さとか泥臭さみたいな物が足りないというか。

んー、でもこの作品の雰囲気だとサラッとした感じの方がいいのかなー。

監督が違えば作風も違いますしねー。

世代交代の時期でしょうし、ジブリは今後、こんな感じの作風になるのかな?と思ったりする作品でした。(・∀・)

2015/10/10 | Comments(0) | 映画

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]