忍者ブログ
どらごんえいじ
ド!ド!ドラゴン!ドラゴ~ンエ~イジ ♪ あ、ヨイショ!\(・∀・)/

クエストじゃな~いよ!エ~イジだよ!\(・∀・)/

ってことで、ここんとこ、ちまちまなが~くプレイしてたPS4 「ドラゴンエイジ:インクイジション」をクリアできやんした。



遥か昔、神の力を手に入れようとした魔法使い達の行いは、異形の化け物 ”ダークスポーン” を生み出す事へと繋がり、世界を幾度も混乱に陥れた。

その後も様々な争いが続く中、反乱を起こした魔法使い達とテンプル騎士団との戦争を終わらせる講和会議が開かれたが、会場で謎の大爆発が起こり、空に悪魔を出現させる"亀裂"が出現する事件が発生。

唯一生き残った主人公は、手に亀裂を塞ぐ可能性のある力が宿った事で、どの勢力からも独立した「審問会」を仲間と共に立ち上げ、世界の秩序を取り戻す戦いを開始する-といったストーリーでっす。(・∀・)



※ キャラを人間で開始したので、こんなストーリーの始まり方ですが、他の種族でプレイしたら違うストーリーかもしれませんです。

で、ゲーム内容はオープンワールドのアクションRPG。





最大4人までのパーティを組んで戦うのですが、基本的にボタン押しっぱで通常攻撃を行い、スキルがチャージされたらドーンと撃って大ダメージを与える感じのバトルっす。



回復手段と回数が限られるタイプなので、いかにダメージを受けないかが重要になるんですが、このゲームでは防御やスキルで発生する物と魔法で発生する物の2種類のバリアが張れるので、それで戦っていく感じっす。

バリアを上手い事張っていくと、ノーダメ状態になって適当にスキルをぶっぱなしていけば雑魚からボスまで倒していけるので、多少、ヌルい感じかなぁ。(・∀・)



ボスがバリアを使うとダラダラした戦闘になりがちですけれど。(´∀`)

パーティメンバーを操作したり、指示を出したりとシミュレーションぽく戦える部分もあって、高難度では指示出しが必須のバランスらしいですが、ノーマルくらいでは必要ない感じですねん。



AIにまかせてると、たまにメンバーが棒立ちしてたり、魔法使いなのに殴ってくる敵と近距離戦をしてたりと「オイオイ」と言いたくなる時はあるんですが。(・∀・)


んで、獣から悪魔まで色々な敵がいる中で、特定の相手以外で戦わなくてもいい敵として各地に住むドラゴンの存在があり、巨大で迫力があって、なかなかいい感じです。



でもモンハンみたいにヒーヒー言うようなシビアな動きはしませんし、バリア張ってりゃ足元で殴るだけの簡単なお仕事で終わっちゃうのが残念なようなこれでいいような。(´∀`)



ドラゴンぽさは満喫できる動きなんですけどねん。


んでんで、何より面白いのは世界観とかストーリー。



シリーズ作品という事もあって、種族や国、組織の成り立ち、キャラクターや各組織同士の関係などなど、とにかくよく設定が練られているなと感じる重厚さがあります。

ちょっと置かれている本を読むだけでも膨大なテキスト量。(´∀`)



ゲームとしては、一人の選ばれた者としての生き方だけでなく、審問会としてどう動き、導くのか、という選択肢が用意され、エンディングも変わっていくらしいので、そこんところが面白い。



難点は「もうわかってるでしょ?」って感じで解説もなく固有名詞がズラズラ並ぶ会話になるので、シリーズを未プレイのsiestaは、ハテナマーク山盛りでなんとか取り繕いながら無難な選択肢を選んでいくことになりました。合間にテキスト集を読んで勉強するのもダルいので、推測と作り笑いで勝負です。(=´∇`=)

それでも中盤くらいになると、なんとかわかる範囲が増えてくるので面白さが増すのですが。

メインストーリーで権謀術数渦巻く宮廷の舞踏会に呼ばれた時は面白かったっす。(´∀`)



煌びやかな建物で貴族にまじってダンスをして、「ざますね~ざますわよね~オーホホホホホ!」と笑っときました。(間違った貴族観)

他には世界地図上で、探索できるエリアを広げたり、現在発生している事件や対処しなければならない案件を部下にまかせて処理するモードもあったりして、これも楽しい。(・∀・)





世界観を補足する内容の物が多く、メインストーリーで解決した事件のその後の話を見れることもあったり。

なかなか良かったっす。(・∀・)


しょいで、今迄発売されたDLC全部入りパックを買ったので、それもプレイしときました。

主人公達の前に存在した審問会の、最後の審問官の足跡を追う「ハコンの顎」、



ドワーフ達が住む地下洞窟の謎を解く「地底世界」、



メインストーリーをクリアした2年後、審問会の今後の選択を迫られる「招かれざる客」、



この3つがあったのですが、どれも結構ボリュームがあるし、ストーリーもよくできていました。(´∀`)

特に「招かれざる客」は、秩序を取り戻した後、強大な勢力として残ったままの審問会を危険視する各勢力との力関係が描かれていて、さらに世界の秘密も少し明かされて、次回作もあるかも!って感じの終わり方なので面白かった。


全体的な感想としては、アクション部分はちょっち単調な部分や爽快感に欠ける部分もありますが、世界を楽しむゲームとしては一流な感じだな~っと。

めたんこボリュームあったしなぁ。(・∀・)



まぁクリアのみ目指したらすぐかもしんないっすけどねー。



良いゲームどした。(=´∇`=)
PR

2017/07/27 | Comments(2) | ゲーム
どらくえ
さてさて、なんとかオンラインゲーム「ドラゴンクエストX」のVer.3のラスボスを倒すことができまんしたよんと。(´∀`)



Ver.3は今まで冒険してきた世界とは隔絶された竜族の世界で、炎・氷・闇・水・嵐と5つの領域に分断されていて、それぞれ雰囲気が出ていて綺麗でしたし、雑魚敵やギミックも領域に合わせた物が出てきて、なかなか良かった感じ。









まぁここ1年以上、友人と一緒にストーリーボスを倒す事以外は何もしていないので、他の内容についてはさっぱりわかりませんが (笑) 、極まった人向けの超強いボスとかが追加されてる記憶しかないので、それで良かったかも。



最後のストーリーボスは、パーティ全体の攻撃力が足りないとクリアできない場面があり、2年以上?更新してないsiestaのへっぽこ装備では突破するのがキツかったので、ネットで調べて職業やスキルも変え、対ラスボス用決戦仕様に変更するとスルスルッとクリアできやんした。お金大分使った~。(´∀`)

次は年末か来年くらいに新展開のVer.4を発売するらしいのですが、しょ~じき、Ver.3クリアでモチベーションがなくなった感じがするので、様子見と言ったところですかね。



やりたい事もなくて、ちょっと全体的に飽きがきているので、Ver.4はすんごく心躍る要素が実装されないと戻ってこないかもしんないっす。

友人とプレイする分には、他の協力プレイゲームとはまた違った面白みがあると思うんですが・・・でもやっぱ他と比べて緩いとはいえ、MMO特有の時間のかかる金策やキャラ強化は、も~イヤん!って感じなので、ヒッジョーにキビシ~。(´∀`)

ドラクエXでは定期的にこういう事を言ってる気がしないでもないですが。

ま、とりあえずドラクエXはひとまずお休みを頂きまして、siestaは長い旅に出ようと思います。



とか言いつつ、次は今月末発売のドラクエ11を始めそうな気がしますが、ド、ドラクエなんてそんなに好きじゃないだからネ!勘違いしないでよネ!タイミングが合っただけなんだから!

と、ドラクエを嫌いになれないsiestaのゲームロードは続くのでした。(・∀・)


(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

2017/07/20 | Comments(0) | ゲーム
がんず とか えーえす
入道雲がどんどん出てきて夏!って感じになってる中、ダチんこと最近シェアプレイでクリアしたゲームの記録でも。(・∀・)

PS4「Guns,Gore & Cannoli



禁酒法の時代、とあるギャングに所属する主人公は、ボスからの依頼で謎の暴力事件が多発する街に人を探しに行く事に。しかしそこは体が変容し、血に飢えた怪物となった人間達が彷徨う場所となっていた…って感じのお話。



ゲーム内容は横スクロールのアクションシューティング。



銃をバンバンぶっ放して、ゾンビをビシバシやっつけちゃお~!オー!って感じのゲームざます。\(・∀・)/

3Dタイプなら今の時代、ほんとによくあるゲームですが、2Dの横スクロールタイプはちょっと珍しい。



漫画調のポップなグラフィックなので、ちょい易しめの難易度かと思いきや、ゾンビは堅めで突進タイプとか爆発タイプとか色々いる上に数が多いし、銃はリロードが必要で、威力のある銃は弾数制限があったりと、普通のゾンビゲー並みの難度でやんす。

一人だと大量のゾンビ相手に制圧力が足りなくて苦しいのですが、反面、複数人でやるとワーキャー言って楽しいゲームになるなって感じたり。(・∀・)
 


実際プレイすると、「ちょちょちょちょっ!突っ込んできた突っ込んできた!」とか「囲まれた囲まれた!」とか、狙い通りのわやくちゃさになって楽しかったっす。(´∀`)

それと3Dのゲームだと結構視界が制限されて、特にこういう敵に囲まれる様なパニック系のゲームは協力プレイしてても相手がどこにいて何をやってるのかわかりにくい事が多いのですが、2Dで同じ画面でプレイするタイプだとわかりやすくて協力してる感が増しますね。



と言いつつ、たまに間違えて敵と一緒に相棒を火炎瓶で燃やしちゃったりするんですが。だがそこがいい。・・・いいのかな?

ま、なんとかクリアできやんした。面白かったっす。(・∀・)


んでお次は。

PS4「ASOⅡ



ネオジオ!の移植作で、数ヶ月前にプレイしたものの、クリアできずにほったらかしになってた縦スクロールシューティング。



前回のプレイで、こりゃクリアすんの無理だろうなと思ったので、コンティニュー制限なし&残機99で最後までやってやろうと思ったものの、それじゃあ作業になるなとも思ったので、最高難度での刺激を求めるスタイルでゲーム開始!



結果、大量の敵と弾幕で、ボッコボコにやられるやられる。(´∀`)

99機なんてすぐなくなりまっせ、おじょーさん。時々、シックスセンスが発動して避けまくりで生き残って、自分の中に眠る新たな可能性を感じたりしますけど。ドックンドックン。

でもまーなんとかクリアしてエンディングを観れたっすよ。実力実力。数の力とも言う。ウホホホホ。(´∀`)

戦いは数だよ!兄貴!(by ドズル)

最近のアーケードアーカイブスはクリアしやすいように設定をいじれるのがいいっすね。

ちなみに同じ移植作の「ダライアス」も、もう一回やりましたが、ASOほど残機設定をいじれないのでクリアは無理でした。最終面はコンティニューできないみたいだし。にょほほ (・∀・)

やっぱ戦いは数でした、キシリア様。

んにゃ感じで。


ちょっと遊ぶ程度にはDLゲームでのシェアプレイはコスパがすげーいいなと思うsiestaデシタ。(・∀・) セールマタヤッテ!

2017/07/13 | Comments(0) | ゲーム
ましなりうむ とか わーきんぐ
台風が来たりする中、この前のセールで買ったゲームをしょかしょか消化。(・∀・)

PS4「マシナリウム



海外製でセリフや説明が一切ないので、詳しい世界観やストーリーは不明でっす。

が、鉄の街に住む主人公のロボットが、誤ってスクラップ置き場に捨てられる所からスタートし、街に帰り、周りのロボ達を助けつつ悪いロボの企みを粉砕して、恋人ロボと街を脱出しようとする物語・・・です多分。クリアしてそんな感じだったんだろうと思いました。(´∀`)

ヒントを見たり、ゲームを進めると挿入される吹き出しの中のアニメで、これまでの話やこれからすべき事を推測する感じなんすよね。



ゲーム内容はオーソドックスなクリック式のアドベンチャーゲームで、主人公を直接動かしたりはできやせん。

怪しい所をクリックするとアイテムをゲットできたり、仕掛けを起動できるので、それで進む感じっす。



やたら緻密に描かれた鉄と錆びの枯れたグラフィックが美しい。(´∀`)

なんか「あの素晴らしい弁当を二度三度」とかPS1の「UFO」を思い出す、味のある雰囲気。

ただ、この緻密なグラフィックというのがクセモノで、どれが仕掛けなのか、どれが取れるアイテムなのかがわかりにくいという罠があったり。



ちょこんと小さく描かれている物が仕掛けだったり取れるアイテムだという事が非常に多いので油断できない。(・∀・)

たまに「なんじゃソレ!」という謎解きもあるのでさらにウムムムムな感じ。

あと、パズルが結構多い。





説明がなく、いきなり始まっちゃうんですが、まぁめちゃくちゃ難しいというワケではないので、やってればいつか解ける感じ。いやぁ良い頭の体操になりますわ~。(*´д`*)

それでもパズルが解けない!謎解きがわからない!という時は解答も見れるので安心です。

ただ、解答集を開くには、なんかよくわからないシューティングをして電子ロックを解錠する必要があるのです。



で、御開帳すると漫画チックなイラストで解答がドドンと載っておます。



これさえあれば鉄の街で迷子になっても安心だネ!(・∀・)b

ほーいで感想はというと、全体的に「わかりにくさ」が目立つ作品の様な気がするし、パズルも含めて割と高難度なゲームの気もしますが、昔ってこんなアドベンチャーゲーム多かったな~って懐かしさも感じるゲームかなと。



解答集があるとはいえ、万人向けとは言い難い。だけど面白い。そんなゲームですねん。(・∀・)

ボリューム的には謎解きが速い人だと数時間程度、siestaは迷いまくって数日だったので、値段も安いし気軽にプレイできるボリュームじゃないでしょーか。うん、満足!


にょんで漫画も読みましたん。

WORKING!!  Re:ORDER



北海道のとあるファミレスで繰り広げられるドタバタコメディ漫画だすん。(・∀・)

何度かアニメ化されて、原作の最後まで描かれた人気作。

アニメは最後まで観たので、原作は新規の書き下ろしとか、これまでのコミックの販促として描かれたオマケ漫画をまとめたこの最終巻を買うだけでいっかな~って感じで購入。

やっぱ佐藤さんの種島ぽぷらへのちっちゃいいじりが楽しい。(=´∇`=)



ちっちゃくないよ!



Web版WORKING!!のキャラ達ともがっつり絡むところも楽しいですね。Web版も面白かった。(・∀・)

この作者の笑いのセンスは結構好きなので、別の漫画にも手を出してみようかなぁ。

しょんな感じで。

2017/07/06 | Comments(0) | ゲーム
まじょまじょ
ここんとこ、ずーっとやってたゲームをクリアできやんした。\(・∀・)/

PS4「魔女と百騎兵 Revival



猛毒の沼の傍でしか生きられない、謎の自称天才魔女・メタリカ。

伝説の魔神とされる「百騎兵」を召喚し、各地に存在する沼の力を封じた柱を破壊させる事で自身の生息域を広げようと画策するが、それはメタリカの出生の秘密を知る旅となり-というストーリー。

ゲーム内容は百騎兵を操る見下ろしタイプのアクションRPG。



色んな要素で構成されてますが、肝心要なのは「ギガカロリー」の存在。

これは要するにマップでの活動限界時間を表し、ゼロになるとHP自動回復能力がなくなり、攻撃力・防御力がダウンし、何か行動するとHPが減少する様になる為、敵に倒されやすい状態になってしまいます。

戦闘で稼いだアイテムや経験値は拠点に帰ってはじめて手に入るシステムなので、ギガカロリーがない状態でHPがゼロになると、手に入れたアイテムは全消失、経験値は半分しか手に入らないペナルティーを受けるので、なくなる前に拠点に帰るか複数ある手段で回復させる必要があるのです。


↑ 敵を捕食して回復

ダメージを受けたり未探索のマップを埋めるだけでもすごいスピードで減るので、どこら辺で探索を打ち切るのか、はたまた回復させて続行するのかと考えさせられるのがいいですね。

また、ギガカロリーがゼロになるまで高速消費しつつ攻撃力・防御力を格段に上げる必殺技もあるので、これもいつ使うのか考えどころに。

ローグライク系のゲームで見られる「お腹が減る」要素を改良して導入してる感じですかね。

あと、攻撃のコンボを自分で組み立てられるシステムが新鮮ですね。



最大5連撃のコンボリストに武器を1本1本セットし、武器にランダムにつけられている1~5までの数字を順番通りにセットすれば攻撃倍率が上がるという感じ。

他のゲームをやってると、たまに「この武器が強いけど、こっちも使いたいなぁ」なんてことがあるので、これは面白いシステムですね。(・∀・)

武器の集め甲斐があるというか。

だけど武器には属性が3種類あって、特定の属性しか効かない敵もたまにいるので、1つのコンボセットには1種類の属性武器で固める感じになると思うのですが、最大で3セット15本という大量の武器が必要になってくるんですよね。

武器の種類も結構豊富で、剣なのに打撃属性などの変わり種もありますし、セットに迷いまくりです。

さらに武器にはレア度や追加効果の要素もあるので、厳選しようとすると大変な事に。それだけやりがいがあるとも言えますが。(・∀・)

で、そんな時に便利なのが「幻影の塔」と呼ばれる、自動生成?ダンジョン。



入る時に捧げる武器のランクによって敵の強さやドロップ率等を操作できるタイプで、通常のマップで戦うよりも楽に敵を倒せて経験値を稼げるし、大量の装備をげっちゅできます。(・∀・)



ゲージが溜まればメタリカを呼び出し、魔法を撃ちまくる事もできちゃう。



塔があるエリアには練成屋もあるので、塔で手に入れたアイテムと組み合わせて、装備の強化も可能。



地上100階を踏破すると、さらに敵を強くできて階数に制限がないと噂の地下が解放できるので、果てしない装備強化と強敵との戦いに邁進する事が可能です。

まぁそんな状態になるとストーリークリアは余裕になりますけれど。(´∀`)


ふーいで、最後までプレイして、ちと気になったのは、戦闘バランスが大雑把というか極端なところかな。

どーも敵のステータスはそのエリアで手に入る最高ランクの装備を基準に設定されている様で、後半になってランクの低い装備品なんてつけていたら、雑魚にまともに攻撃が入らない(下手すりゃノーダメ)、敵の一撃でHPがごっそり削られるという事態になります。

敵は攻撃してると「怒り」状態になって攻撃力が上がったりするので、さらに危険性が高まるという。

弱点属性であっても攻撃力が足りなかったり、敵よりこちらの防御力が上だとノーダメージになるっていうのは極端な気がしないでもない。

まぁでもハクスラ系って極端なバランスになりがちだし、幻影の塔みたいなハクスラダンジョンがあるだけに、そういうバランスもあり・・・なのかなぁ。うーん。



あと、敵の攻撃を受けてふっ飛んだりした後の無敵時間がほぼなくて、のそのそ立ち上がるまでに別の敵の攻撃を受けやすかったりする辺りは、ちとストレスが溜まるかなと。

ギガカロリーも、今ある回復手段では制限が多くて、結局、拠点を往来してロード時間を待つのが主体でテンポが悪いので、もちっと長くマップにいられるように、取ればその場で少量でも回復できるアイテムなどが欲しかったかな。

後半は特に拠点に帰るポイントも少なく、広いマップが増えてくるので。


ま、とにかくストーリーモードのトゥルー・バッドエンディングを観て、幻影の塔も100階踏破できたので、これでいっかな~お腹一杯やわ~って感じになりやんした。(・∀・)

戦闘もかなりボリュームがあったし、ストーリーの内容も濃く、絵柄に反してちょっぴりダークで残虐な描写もあったりで、とても面白うごじゃりました。(´∀`)



幻影の塔の地下はもうお腹一杯なので潜りませぬ。べ、別に潜ってみたらボッコボコにされて半ベソかいたから潜らないってワケじゃないんだから!そんな理由じゃないんだからネ!勘違いしないでよね!プンプン!

総合的にはプレイして良かったゲームになると思いマッスル。

しょんな感じで。あじゃじゃっした~。

2017/06/22 | Comments(0) | ゲーム

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]