忍者ブログ
じょにー とか くくるす
気温だけでなく部屋の温度も30度超えする中、ふにゃふにゃりんと、みんな大好きガンダム漫画を読んでます。(・∀・)

え、そうでもない?うそん。

まぁいいや。読んだ漫画はというと。

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 14巻

※ちょいネタバレあり



第二次ネオ・ジオン抗争直前の時代、「ザビ家の復讐装置」を搭載したプラント船への道しるべとなる青いザンジバルを追い、各勢力がコンペイトウ宙域で激突する14巻。

今回、登場したMSV-Rな機体は「ギャン エーオース」。



ギャンを強化改良するも量産は見送られ、突撃機動軍旗艦の直衛部隊に少数配備されていたという設定の機体。

親衛隊っぽい見た目ながら、あまりガンダムっぽくないというかダンボール戦機にでも出てきそうな機体なのでちと違和感が。

だけど見た目は骨董品ながら、中身は主人公の使うゲルググと同じく、最新機材でアップデートされた物なのでしょうね。

そいやぁ、作中でエーオースの機体解説がなかったなーと思ったり。


ストーリーとしては、後半のジオンの旧式機材と暗号を使ったやり取りが好き。(・∀・)

あと、戦闘を確認するも上層部の意図を汲んで監視に止め、出世のチャンスにしようとするコンペイトウ司令部、などの裏方のやり取りもなかなか。


で、シャア率いるネオ・ジオン側に出てくる女性エンジニアと男性パイロットは、第二次ネオ・ジオン抗争後のアクシズを調査する話「Twilight AXIS」の主役キャラなんすね。



繋げる繋げる。

トワイライト、アニメが楽しみっす。(・∀・)

ジョニーも次巻でシャアが戦闘に加わりそうなので楽しみ。


ふんでお次は。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN  MSD ククルス・ドアンの島 1巻



ジ・オリジンの外伝作品なのですが、ファーストガンダムのアニメに出てきた「ククルス・ドアン」のお話なんすね。びっくりだ。(・∀・)

アニメでは、ククルス・ドアンはとある島で戦災孤児達と自給自足の暮らしをする元ジオン軍の脱走兵で、アムロと出会い、最初は反発するも最後はジオンの追手を共に撃退し、分かり合うお話なのです。

で、オリジン版ではククルス・ドアンは独立戦争前からモビルスーツ開発訓練小隊の隊長としてジオン軍に在籍していたという事で、その辺りを描きつつ、ククルス・ドアンが軍を抜けた事で解体された小隊の元隊員達が、隊長の人柄を回想する感じのお話になってます。



なのでこの巻ではククルス・ドアン本人が主体となって動く話はないんすね。島でのお話は全隊員の話が終わってからか。

ひょいでこの漫画はオリジンを描いた安彦良和さんではなく、絵を似せて別の作者が描いているみたいっすね。



かなり巧い。(・∀・)

んでんで、この漫画もジョニーのMSV-Rの様に、オリジンのMSDからモビルスーツが出てます。

「局地型ガンダム」とか「水中型ガンダム」とか。



ザクと戦うガンダムの圧倒的すぎる火力と装甲に笑ってしまう。戦闘にならない。

しかし後半のゴッグ対水中型ガンダムでのゴッグの硬さはさすがというか。

MS戦もオリジンっぽくて良いし、オデッサ作戦の前哨戦も解説されてて、なかなか面白い漫画っす。(・∀・)

次巻も期待。

しょんな感じで。
PR

2017/06/01 | Comments(0) | 本・漫画
やまと とか らぐーん
最近、なんだかんだで忙しかったと思ったら、トドメに1年1度の地域の溝掃除という名の数十キロのコンクリートの蓋をいくつも上げ下げするぢごくの強制労働が待ち構えていて、バタンキュ~だったsiestaです。(*´д`*)

マジで溝掃除のない地域がうらやますぃ。溝ってなんかドバッと簡単に清掃できる方法ないのかしら。かしら。

そんなヨレヨレ状態で試し読みしたのがこれ。

夢幻の軍艦 大和 1~2巻



生きている感覚が希薄な高校生が事故に会い、短時間だけ意識が戦時中の戦艦大和にタイムトラベルする能力を手に入れた事で、太平洋戦争の歴史を変えようと意欲を見せるストーリー。



2巻までで太平洋戦争の天王山と言われる「ミッドウェー海戦」が始まるものの、主人公の能力は不完全なので、大和乗組員の一人としかコミュニケーションを取る事ができず、山本五十六長官には信じてもらう事ができても、現場で軍を動かす他の将官にまで存在が知られているわけではないので、指示を出しても戦いの大勢が変わらない様子。



こういう簡単に歴史は変わらないっていうリアルな感じは好きっすね。(´∀`)

ただこの先、歴史が変わった展開に入ったらリアリティのある歴史を描けるのかなーと、架空戦記物はいつも読んでて思います。

物量及びその他もろもろ、圧倒的な差があるアメリカに対して、日本有利な展開にするのはいささか無理があると思うので。(・∀・)

気になったら続刊買うかも。


んで、筋肉痛の体を休めながら観ていたのが、PS1の「レーシングラグーン」プレイ動画。



醒めちまったこの街に...熱いのは... 俺達のDRIVING

架空都市YOKOHAMAで語り継がれる「横浜最速伝説」……

速さを追い求める走り屋達の熱いDRAMAが展開されるのさ……



一応説明するとGame内容はRace…

…Passingが逃げられないBattleの合図…負けた奴はPartsをGETされちまう非情なRule…

遅い奴にDRAMAは追えない…



そしてこのGameがCultな人気を誇る理由がイカれたCharacterの造形と演出、スカしたPoemと言い回し…

「……PASSさ」
「ケッ!てめぇグッドラックだな!」
「ごま塩程度に覚えておいてくれ…」

一度読んだら頭から離れそうにない独特のWords…もはや虜さ……

Storyだってイカれてる…この頃のスクエニが単純なRaceGameなんて出すはずがねぇ…巨大な陰謀が走り屋達を襲うのさ…

だがなにより…動画の投稿主のDRIVINGに惚れて最後まで観続けちまった……

難しいって評判のこのGameで、美しい弧を描くCORNERING…どいつもこいつも敵わねぇ…マジでイカれちまってんだ

さらにリプレイに合わせ計算されたRaceの演出…忘れない遊び心…この投稿主からはこのGameに対する限りないLoveを感じるのさ…

「ヨコハマ追い剥ぎ紀行」……Poemも満遍なく魅せてくれるすげぇ動画さ

楽しませてくれた動画のコメントにも『R』…Respectを送るぜ…

そしてRacing Lagoon……恐ろしいくらいの魅力を放つGameなのさ……



まぁ自分じゃやらないんすけどネ!(・∀・)

2017/05/25 | Comments(0) | 本・漫画
けろろ とか あれこれ
休みの間は出かけたような風邪ひいてプチ体調不良だったようなで、あまり記憶に残らないゴールデンなウィークでしたが、これは読みました。(・∀・)

ケロロ軍曹 28巻

※ちょいネタバレあり感想



地球の日向家に居候するカエル型宇宙人・ケロロ軍曹と地球人とのドタバタ侵略コメディも28巻目。

いつものよーに、またケロロが地球を侵略しようと素っ頓狂な計画を立てては叩き潰される(若干マンネリ気味の)パターンかと思いきや、地球の命運を左右するという大長編シリーズがスタートしました。


兵器開発担当のクルル曹長が開発した「ケロロンボール」。



任意の場所にセットし、自動生成されるミッションをクリアすれば侵略完了となる究極の侵略兵器らしい。

当初、日向家の庭にでもセットしてお手軽に侵略完了しようとしたところ、思わぬ邪魔が入り、オカルト好きの日向冬樹のレポートに書かれた世界七不思議の場所へとケロロンボールが飛び散ってしまう事態に。ケロロ達は冬樹に協力を求め、ボールを集めるために世界中を巡る旅へ出発する! 

さ・が・そ・お・ぜ! ケロロン・ボーォル♪

というストーリーになってやす。(・∀・)

この巻では「ナスカの地上絵」編と「イースター島の神々」編を収録。

いつも武闘派の姉・夏美がケロロの野望を叩き潰すパターンで、影が薄くなってる本来主人公?の冬樹が大活躍するオカルト長編ですね。

バトル系のお話ではありますが、地上絵やモアイを作った先住民にちょっぴり思いを馳せるしみじみしたところもあり。



なかなか面白いシリーズが始まったので、先が楽しみでっす。(・∀・)



んーで、買う漫画雑誌が全滅したので、kindleの無料漫画を読み漁ってるのですが。

ちょっぴり面白かったのはこれ。

はんなりギロリの頼子さん 1巻



京都の街角で、祖母から受け継いだ煙草屋を営む頼子さん。

場所柄、道を聞かれやすいが、目つきが悪く人見知りな頼子さんは初見では怖がられる存在。



だけど本当は優しくて観光で来る人々に親切にしてあげたい頼子さんは、語学の勉強や観光スポットの研究をしていて、知り合った人々は満足して京都を後にするのでした。



てな感じのお漫画どすえ。(・∀・)

頼子さんの素直になれない不器用さもかわいいのですが、他に京都の観光名所の勉強になったり、京都の地元あるあるなネタが放り込まれていたり、京都人の恐ろしさ(陰険さ)が垣間見えたりする楽しい漫画です。(´∀`)



まぁ2巻目を買うかっつーと微妙な感じではありますが、アリっちゃアリ。てな感じで。


んでこれも。

マヤさんの夜ふかし 1巻



自称・魔女で一人暮らしのマヤさんが、夜な夜な遠くに住む友人の豆山さんとPCのスカイペでくだらないおしゃべりをする漫画。

豆山さんは信じてないのですが、マヤさんはガチの魔女らしく、たまに世界を助けたりしているみたいなのですが、魔法を使うと反動でお腹が痛くなる模様。



だけどこの漫画はマヤさんが魔法で戦う話なのではなく、誘惑に負けて深夜にカップラーメンを食べてしまったり、自分のソシャゲ重課金者っぷりに後悔したり、バイト先で怒られてモンモンとして癒しを欲しがったりする一人暮らしあるあるなお話なのです。


 
本当にしょーもなくて楽しい漫画です。(´∀`)

2巻は気が向けば買う・・・かな?

んにゃ感じの漫画感想でござった。

2017/05/09 | Comments(0) | 本・漫画
うまる あんど えす
うまるーん♪

ということで「干物妹!うまるちゃん」アニメ2期放送決定、おめでとごじゃまーす!\(・∀・)/

コミックも10巻到達、おめでとごじゃまーす!

干物妹!うまるちゃん 10巻

※ ネタバレ有り感想



イヤッフゥー!うまるワールドはまだまだ続くぜぇ~。(・∀・)

で、この巻の見所は・・・うまる達の進路相談で同級生のお母さんが勢ぞろいするところかな?



うまるの家族もついに登場か?!と思いきや、土間家は色々あるみたいで兄のタイヘイが出席。残念。(*´д`*)

あと、タイヘイの上司、叶課長がタイヘイのアパートにお呼ばれ。



今までそんなに出番がなかったものの、これ以後、タイヘイ絡みでちょくちょく出てくるようになってるので、海老名ちゃん危うし!Web連載でやっとタイヘイへの気持ちを自覚したのに!(´∀`)

んでゲーマーあるある話も。



「力で敵をねじふせる脳筋プレイ!!とにかく敵を倒しまくるスタイルにうまるは慣れていた!!」

siestaもオフゲーだったら選ぶのはマッチョ脳筋戦士だ!物理攻撃こそ至上!魔法などチンタラ撃ってられぬわ!(銃があれば別)

あと剣や鎧好きなので、せっかく手に入ったのに装備できない時の悲しさを味わいたくないという理由も。

さらに



「こ・・・このうまるがサポートされながら進めさせてもらっている!?(ゲーマーとしての屈辱・・・!!)」

オンラインゲームあるあるだな~。(´∀`)

屈辱とまでいかなくても、siestaも周りの強いプレイヤーがバシバシ敵を倒していくとなんかどうでもよくなってくる感じはある。自分いらんやん的な。

あと、先にクエストやボスをクリアしている人に余裕を持って先導されると、トレーニングというか遠足感覚になって緊張感がなくなって、ゲームをクリアする楽しみが薄まってる気がする時もある。

うーん、オンラインゲームはそこらへんがね~・・・って、これうまるちゃんの感想だった。(・∀・)

10巻に到達しても、土間家の事情や海老名ちゃんとお兄さんのあれこれ、シルフィンとお兄さんのあれこれ、切絵ちゃんの夢がどうなるのかなどなど、気になる事は山盛りなので、楽しみに次巻を待てマッスルパワー全開!という事で。


ひょんでお次は

ひもうと!うまるちゃんSS 1巻



「干物妹!うまるちゃん」の、違う作者によるスピンオフ漫画だそうで。

話は本編と関係のない自由さMAXの内容で、同じくスピンオフの「うまるちゃんS」と似たような感じですね。


↑  デフォルメ+けものフレンズなキャラがカワユス!!(=´∇`=)

元々うまるちゃんのファンアートを描いていた方に作者から執筆をお願いしたそうで、キャラの特徴もよく掴んでいて違和感はないですね。絵もよく似てる。

 
↑ この顔、反則やろ!

ただ一つ、気になるのは1巻の表示があるのに、最後に最終回っぽい打ち上げ話があったこと。

作者のあとがきもそれっぽい。

うーん、これで終わりなのかな?それとも別の作者で・・・?

作者自身のスピンオフ「うまるちゃんS」も連載が止まってますけれど・・・。まぁ「海老名ちゃん」の連載もやってますからね。

この辺り、謎っすね。

まぁとにかく、面白かったっすよ。(・∀・)

しょんな感じで。


定期的に買ってた漫画雑誌の最後の牙城、月刊アフタヌーンにも凄く読みたいと思える物がなくなってしまったので、これはいよいよコミックの大海原に旅立つ時が来てしまったのかと思うsiestaデシタ。(・∀・)

2017/04/25 | Comments(0) | 本・漫画
ぐこうろく
ふと目にした映画の広告で原作小説に興味を持ったので、読んでみやんした。(・∀・)

ちょいネタバレありかも。

愚行録



夫婦共に一流大学を卒業し、大手企業に勤める夫、美人で完璧な妻、躾の行き届いた子供達、そして新築一戸建てに引っ越したばかりという絵に描いた様に理想的で幸せな一家が惨殺されるという事件が起こった。

犯人像すら掴めぬまま捜査が難航して一年が過ぎた頃、一人のルポライターが一家を知る人々に取材を開始する。

近所に住む人、ママ友、夫の同僚、大学の同窓生、元恋人。一家を殺した犯人は誰なのか・・・。

という様なストーリー。


「人間の愚かさ」がテーマらしく、一見完璧に見えた夫婦の本当の人物像のみならず、被害者を語る人々の愚かさまで浮き彫りになるという内容。

しかし殺人や虐待、ストーカー行為は別格として、登場人物達の利己的で他人に配慮のない言動は愚かと言われればその通りなのですが、誰もがごく自然にやっている「普通」の行為の様に思えるので、愚行とはドロドロとして生々しい人間らしさとも言えるのかもしれないな~と思ったり。(*´д`*)

「別格」に思える物も、普通にやっている愚かさ、強いエゴの延長線上にあるだけの特別な物ではないのかもしれませんが。

夫の同僚が語る、人間は常に上だ下だと周りと比較して妬んだり馬鹿にしたり、自分の生活がかかると豹変したりエゴの強さが出てくる、という話がこの作品の「愚行」の大部分を表している気がしますね。

あと、「他人を評価して語る」行為の難しさも感じました。

人は家族、友人、恋人など、他人との関係性によって見せる面が違いますし、付き合いの長さや深さによっても違ってくると思います。

まぁどんな関係性でも長く・深くなれば、結局その人の本質的な部分が見えてくるのかもしれませんが、普通はその人の一部分、表面的な部分しか見えてないのかもなぁと。

正確な人となりを語りたいのなら、語る側に観察力や洞察力、心理分析力、人付き合いの経験などなどの能力が必要となってくるわけで。

さらに巻末に書評家の方も書いてますが、「何かを評価して語る」事は自分というフィルタ(主観)を通して自分の考え方や人間性を同時に語っている事でもある、という怖さも感じますね。

登場人物達と同じく、自分の愚かさが浮き彫りにされちゃう。こわーい。(*´д`*)

むーずかしっすね~。

ちなみに最後にちゃんと犯人はわかりますし、あっと驚く感じでしたが、普通の推理物の流れとは違うのでその点は注意が必要。だけどsiestaにとっては期待通りの内容で満足でした。(・∀・)

しょんな感じで。


映画も観たくなったものの、上映スケジュールが終わりかけで極端な時間帯にしかやってないのでレンタルでいっか~ってなったsiestaデシタ。(・∀・)  アサバンハサムイ!

2017/03/23 | Comments(0) | 本・漫画

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]